カシオが電子看板に参入する真意

コンテンツ提供にも触手

カシオサイネージを発表する樫尾社長

カシオサイネージは、内蔵チップを通してクラウド上にある店固有のクーポンをスマートフォンに提供する機能なども持つ。クラウドサービスなどはオプションとして別途提供する。つまり、カシオサイネージに映し出すキャラクターの差し替えなどのコンテンツ更新や、クーポン発行に必要なクラウドサービスをカシオ側から提供して対価を得るといった新たなビジネスモデルの構築を狙っている。一度製品を売りつけて終わるのでなく、顧客との関係を長期的に構築して収益につなげていこうというのである。

カシオは、もともとデジタルサイネージのようなBtoB(企業間取引)型の製品よりも、デジタルカメラや電波時計などのBtoC(一般消費者向け)製品を主軸に置いてきた。

得意のコンパクトデジカメは頭打ち

だが、昨今のスマートフォンの台頭や国内企業による競争激化の影響などで、主力ブランド「エクシリム」に代表されるコンパクトデジカメは頭打ち。収益源の多様化は喫緊の課題である。デジタルサイネージ立ち上げには、そうした事情が垣間見える。

 樫尾社長は「(プロジェクター技術など)他社が参入する上での壁は大きい。全世界の販売拠点を通して製品を広め、顧客店とともに成長していきたい」と語る。デジタルサイネージはカシオの“看板”となるか。新たな試みが始まった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。