ABCマートが確立した勝利の方程式

激戦の靴市場で初のトップへ、“流通優位"がここにも

「ABCマート」。黄色を主体にしたカラーリングが特徴の靴専門店だ。全国に約700店を展開し、主要な繁華街やショッピングセンターで必ずと言っていいほど見掛ける。国民的アイドルグループ「AKB48」の人気メンバー、篠田麻里子さんをイメージキャラクターに起用したテレビCMや雑誌広告などで知名度も上がってきた。

そのABCマートを運営するエービーシー・マートの業績が絶好調だ。1月9日に発表した2012年3~11月期(第3四半期)決算は、売上高1161億円(前年同期比13%増)、営業利益227億円(同14%増)と大幅な増収増益で、今期の決算が締まる13年2月期は、売上高で「東京靴流通センター」などを展開する最大手のチヨダを抜き、靴販売店で初の首位に踊り出る見通しだ。

ダンスやランニングなど追い風以上の伸び

足元の靴業界には追い風が吹いている。中学校でダンスの授業が必修化され、ダンスシューズという新たな需要が拡大している。いまだ冷めやらないマラソンブームで、ランニングシューズ市場も成長を続けている。

だが、ABCマートの成長は突出している。というのも、売上高成長率は年10%以上を続け、儲けの効率を示す営業利益率は約20%と、小売業としては驚異的な数字を誇る。なぜ、これだけの好調が実現できているのか。秘訣は緻密に組み立てられた商品戦略にある。勝利の方程式を解くキーワードは、「囲い込み」だ。

一つは独自ブランドの存在である。ABCマートには主力と位置づけて育成してきた「VANS(バンズ)」と「Hawkins(ホーキンス)」の2大ブランドがある。これは1990年代に商標権を取得した。バンズはほかの小売店にも卸しているが一部にとどまり、ホーキンスについてはABCマートだけで独占販売している。

次ページ囲い込みは独自ブランドだけじゃない?
人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。