PB商品の人気ランク、1位はトップバリュ

2位にセブンプレミアム、週刊東洋経済が独自調査

PB(プライベートブランド)商品・人気ランキング1位はイオングループの「トップバリュ」、2位に「セブンプレミアム」(セブン&アイホールディングスグループ)――。

PBとは、大手小売り企業が企画して独自のブランド名で展開する商品群だ。小売り企業と製造を委託されるメーカーが共同開発することで、商品流通のコストや広告宣伝費などを抑え、安価で商品を提供できる。

セブン&アイが、PB「セブンプレミアム」の売上高倍増計画(参考記事はこちら)を12月12日に発表するなど、PB商品をめぐる動きが活発化している。

12月17日(月)発売の週刊東洋経済では、「PB商品の裏側」を特集し、PB商品の開発秘話や生産現場への潜入ルポを掲載している。

特集の中では、消費者1000人へのインターネット調査も実施した。

「PB商品を知っている」は87%

『PB商品を知っていますか?』という問いに「知っている」と回答した人は全体の87%、「知らない」は13%。PB商品に対する認知度は高い。

『PB商品を買いますか?』という質問には、「よく買う」が27%、「たまに買う」が58%で、合計すると“PBを買う”派が8割を超える。「ほとんど買わない」は14%で、「買わない」は2%しかいなかった。

次ページPB商品の購入は増えている?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT