ユニクロ「ヒートテック」のすごみ

競合乱立でも盤石

競合乱立でも盤石なユニクロ「ヒートテック」のすごみ

ユニクロの看板商品の一つである「ヒートテック」。体から蒸発する水分を利用して発熱し、繊維間の空気層に熱をためることなどで保温性を高めた機能性肌着だ。2003年の発売から来年で10周年を迎える。

今では競合のアパレルやスポーツウエアメーカーのほか、イオンやイトーヨーカ堂などの量販店のPB(プライベートブランド)商品などで類似の機能性肌着があふれかえる。だが、ユニクロはその環境にひるまず、一段とアクセルを踏み込む。

ユニクロの柳井正会長兼社長は9月26日、開発で提携関係にある東レの日覚昭廣社長と共同で会見し、今シーズンのヒートテックは昨シーズンの1.3倍となる1億3000万枚の販売を目指すと表明した。

最新のヒートテックは、メンズ向けで衣服内の湿気を吸収し外へ放出する吸放湿機能を新たに付与。また昨シーズンに追加された消臭機能や、レディス向けの保湿機能を向上させた。

レディスではルームウェアを、メンズではTシャツタイプやステテコを新規投入。これまで要望は高かったものの、安全基準の観点から発売が遅れていた幼児向けのヒートテックも新たに投入する。品目数は昨シーズンに比べ2倍増となるほか、色柄数は2.5倍の830色柄とバリエーションは大幅に拡大する。また、一部商品では200円程度値下げされ、正規価格で990円と1000円を下回る商品も投入し拡販を図る考えだ。

 

次ページ一定のユーザーに行き渡ってはいるが・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。