ユニクロ「ヒートテック」のすごみ

競合乱立でも盤石

 

ユニクロがバリエーションを大幅に拡充するのは、すでにヒートテックの累計販売枚数が約3億枚に到達し、一定の消費者に行き渡っているからだ。購入者は「大半の方がリピーターであり、新しいモノが欲しいというニーズが高い」と大苫直樹取締役は言う。

 機能性肌着市場は競争環境も激化し、成熟期を迎えた感もある。ただ肌着は消耗しやすく1人で複数枚を保有するのが当たり前。「イノベーションにより、今後も販売拡大は可能」と柳井正会長兼社長は、成長の余地があることを強調する。東レの日覚昭廣社長も「ユニクロの商品企画に対して、東レの徹底した開発力、研究力で達成する」と共鳴、両社の取引額は現在、年1000億円程度だが、将来には数千億円規模に拡大したいと提携関係を強める方針も示した。

この分野に先鞭をつけたブランド力、それを支える技術力と機能面の進化、そしてバリエーションの豊富さ--。競争激化の環境に勝ち抜く条件はそろっている。機能性肌着市場におけるユニクロ「ヒートテック」の独走はまだまだ続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。