近年人気の“トレラン”は過疎地を救うか?

人口1800人の村に、1000人がやってくる!

“トレラン”という言葉を聞いたことがあるだろうか。トレランは「トレイルランニング」の略語で、トレイルとは、登山道(ハイキング道)、林道、古道など路面舗装されていない自然歩道のこと。つまり、トレランとは「登山」と「ランニング」を組み合わせたものだ。もともと欧米では人気のあるスポーツで、日本でも10年ほど前から徐々に人気が高まっている。

その魅力は、「気持ちイイ」を実感できる要素が凝縮されていることだ。落ち葉でふわふわのトレイル、自然の中を進む心地よさ、山頂からの絶景。もちろん、平地と比べると山岳コースはキツい。しかし、“普通”のランニングに満足できなくなったランナーたちが、週末になると山々に出掛けていき、トレランの“快感”を満喫している。

トレランの人気を察知した各スポーツメーカーは、専用シューズや、チューブを使って給水できるリュック型のハイドレーションシステムなど、トレラン用のギアを発売。また、トレイルを舞台にした山岳レースの数も増えてきている。

富士山周辺の山岳地帯を48時間以内でグルッと1周する総距離156kmの「UTMF」や、富山湾から駿河湾まで420kmを8日以内で駆け抜ける「トランス・ジャパン・アルプス・レース」のような本格的な山岳レースもあれば、10km以下のショートレースもある。さすがに、数日間にも及ぶロングトレイルは、一部のマニアックな人たちの楽しみ方かもしれないが、「トレイルレース」はランナーだけでなく、過疎化が進む地方自治体からも熱い視線が注がれている。

”コンテンツ”として、地方が注目

10年ほど前は、ハセツネ(長谷川恒夫)カップ日本山岳耐久レース、富士登山競走などわずかしかなかった山岳レースだが、今年度は日本各地で110以上のレースが開催されている。これはトレラン人気の影響が大きいと同時に、地方自治体が積極的に山岳レースを推し進めようとしている側面もある。なぜなら、日本は“山”が多い国だからだ。

小学生の頃、社会科の授業で習ったと思う。日本の国土は約70%が山岳地帯。2万5000分の1の地図に載っているだけでも、1万6000以上もの山が確認できる。東京都ですら、「日本百名山」に選ばれている雲取山のような標高2000m級の山があるほどだ。

次ページ山を活かせ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT