今の為替水準は、円安とはいえない

1ドル=105円以上の円安が進んでも驚かない

円安が進んだことで、京都への観光客は一段と増えそうだ

2013年、日本のマーケットでは、大幅な株高とともに円安(円高修正)が大きく進んだ。アベノミクスの「第一の矢」である金融緩和強化により、20年弱にわたる長期停滞から日本経済が抜け出す「歴史的な転換点の年」だった、と筆者は考えている。

一方、「マネーを刷るだけの金融緩和強化」によって、株高など金融市場が一時的に盛り上がったたけで、「日本が抱えるさまざま問題は、解決につながらない」と、アベノミクスに対して懐疑的な考えの方も多いようだ。

アベノミクス=円安政策=通貨価値の堕落?

この12月に入ってから、ドル円相場は1ドル=104円台まで円安が進み、為替市場で5年ぶりの円安ドル高となっている。いまや、1ドル=110円以上の円安論も珍しくなくなってきたし、実現する可能性も少なくないといえる。だが、この1年あまりで20円以上円安に動いた為替市場の動きについて、アベノミクスへの疑念を持つ方は、「自国の通貨価値を堕落させる筋が悪い策」と、嫌悪感を抱いているかもしれない。

また、アベノミクスとは関係なく、例えば外交上の視点で、「円安で、日本の国際社会におけるが地位が低下してしまう」と懸念する方もいるかもしれない。あるいは、「日本人が海外旅行に出掛けた際は、円ベースでの支払が多くなり、円安によって余計な出費を強いられる」と不満を感じている方も多いのではないだろうか。

次ページ円安というより、今までの円が評価されすぎていた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT