今の為替水準は、円安とはいえない

1ドル=105円以上の円安が進んでも驚かない

円安が進んだことで、京都への観光客は一段と増えそうだ

2013年、日本のマーケットでは、大幅な株高とともに円安(円高修正)が大きく進んだ。アベノミクスの「第一の矢」である金融緩和強化により、20年弱にわたる長期停滞から日本経済が抜け出す「歴史的な転換点の年」だった、と筆者は考えている。

一方、「マネーを刷るだけの金融緩和強化」によって、株高など金融市場が一時的に盛り上がったたけで、「日本が抱えるさまざま問題は、解決につながらない」と、アベノミクスに対して懐疑的な考えの方も多いようだ。

アベノミクス=円安政策=通貨価値の堕落?

この12月に入ってから、ドル円相場は1ドル=104円台まで円安が進み、為替市場で5年ぶりの円安ドル高となっている。いまや、1ドル=110円以上の円安論も珍しくなくなってきたし、実現する可能性も少なくないといえる。だが、この1年あまりで20円以上円安に動いた為替市場の動きについて、アベノミクスへの疑念を持つ方は、「自国の通貨価値を堕落させる筋が悪い策」と、嫌悪感を抱いているかもしれない。

また、アベノミクスとは関係なく、例えば外交上の視点で、「円安で、日本の国際社会におけるが地位が低下してしまう」と懸念する方もいるかもしれない。あるいは、「日本人が海外旅行に出掛けた際は、円ベースでの支払が多くなり、円安によって余計な出費を強いられる」と不満を感じている方も多いのではないだろうか。

次ページ円安というより、今までの円が評価されすぎていた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。