米ドルは、再び世界最強の通貨になる

シェール革命で、これからは一段と円安が進む

6月の米中首脳会談。アメリカは再び世界の盟主に(Photoshot/アフロ)

シェール革命の真骨頂は、なんといっても、アメリカが再び世界経済の絶対的な盟主に復帰する大きなチャンスにつながるということです。

アメリカは不死鳥のごとく、よみがえる

今も世界最大のGDPを誇るアメリカ経済ですが、2008年のリーマンショック後は、さすがのアメリカ経済も長期低迷に入るとともに、1990年代から勃興してきた中国に、経済大国の座を奪われるのではないかという見方もありました。事実、世界の基軸通貨は米ドルから中国の人民元になるのではなどと、まことしやかにいわれたものです。

しかし、アメリカ経済がこの先没落していくなどということは、とんでもない与太話です。おそらく、これからのアメリカ経済は不死鳥のように蘇り、世界のどの国も、同等に立ち向かうことができないまでに復活を遂げていくでしょう。そうなれば、米ドルは今後、上昇傾向をたどっていくことが考えられます。

確かに、私たち日本人の目から見れば、2012年の秋口から昨今に至る円安局面というのは、一見すると「アベノミクスが成功したから」というように映るでしょう。

でも、実際はそうではありません。実はアベノミクスがなかったとしても、円安が進む可能性は多分にあったのです。円安に転換する理由の最たるものは、シェール革命です。アメリカはいわずと知れた世界最大のエネルギー消費国です。2011年時点で、自国のエネルギー需要の約20%を輸入に頼っています。

次ページアメリカの貿易赤字は、長期的に減少する
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT