米ドルは、再び世界最強の通貨になる シェール革命で、これからは一段と円安が進む

印刷
A
A

長期的には、ドル高が進む前提で企業経営をせよ

アメリカは近い将来、世界一のエネルギー大国になります。2015年には天然ガスの生産量でロシアをすでに追い抜き、原油の生産量でもサウジアラビアを抜くといわれています。結果、天然ガスと原油という2つの資源で、アメリカは世界一になるということです。これが為替のマーケットに何の影響も与えないはずがありません。

アメリカの生産力が高まる私達の身の回りには、石油から作られるモノがたくさんありますが、シェールガスが普及すると、多くのモノが安価なシェールガスで作られるようになるわけですから、モノの値段は全体的に以前より安くなっていくでしょう。

たとえば、プラスチックの原料になるエチレンは石油から作られていますが、これをシェールガスで作ろうとすると、従来の10分の1〜20分の1でできるようになるのです。

アメリカは豊富なシェールガスを使って、圧倒的に安いコストでモノを作れるようになるわけですから、アメリカの企業の生産性が高まって、国際競争力が増してくるのは間違いありません。その結果、当然、輸出も増えてくることになるでしょう。このような流れで考えると、日本の企業はこの先、今後は、円高リスクに備えるのではなく、むしろ長期的にドル高が進むのだという前提で、経営方針を考える必要があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT