米ドルは、再び世界最強の通貨になる シェール革命で、これからは一段と円安が進む

印刷
A
A

この状況が何をもたらしているのかというと、アメリカの貿易収支の巨額な赤字です。アメリカが抱えている貿易赤字の実に半分以上は、中東からの原油の輸入によって計上されているのです。

シェール革命で、エネルギー・軍事コストが劇的に削減

ところが、アメリカ国内でシェールガスやシェールオイルの採掘が可能になり、その採掘量が右肩上がりに増えてくると、中東産の原油を輸入する必要がなくなっていきます。これは、長期的に見て貿易収支の赤字額が減少傾向をたどっていくことを意味しています。貿易収支の赤字が減ることによって、米ドルは、上昇していくことになるでしょう。

もう1つ、シェール革命がアメリカにもたらすメリットは、軍事費の削減です。アメリカが国内の旺盛なエネルギー需要を満たすため、中東から大量の原油を買っているのは、すでに説明したとおりです。

ここで大きな問題があるのは、中東から原油を買いつけたあと、それをいかに安全にアメリカ国内まで運んでいくかということです。タンカーによって海上輸送を行うに際して、反米アラブ諸国からの攻撃を受けないとも限りません。そのため、アメリカは「北アフリカ・中東・南アジア」地域で軍を展開しているのです。

しかし、仮に将来、中東産原油に依存する比率が著しく低くなったら、中東方面にアメリカ軍を展開する必要性が薄れていきます。結果、アメリカの国家予算に占める軍事費が減少し、財政収支の赤字も減らす効果が期待されます。

次ページ赤字が減るどころか、世界一のエネルギー大国へ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT