ハーバードで1番人気の国は、日本? ジャパンパッシングから、熱狂的な日本ファンへ

印刷
A
A

これだけ見ると、もはや海外のトップエリートたちの日本への関心は消えたのかと思いそうだが、意外なことに、日本人や日本文化に対する関心は、実は異様なまでに高い。それを強烈に感じたのが、ビジネススクール1年生の最後に行われるジャパントレックだ。

ハーバード生100人を連れて日本旅行

HBSでは、ジャパントレックと称した学生主導の日本旅行が、伝統行事となっている。企画から運営までのすべてを日本人留学生が担い、クラスメートを約1週間の日本旅行に引率する。企業と卒業生の寄付金で一部支えられてはいるものの、参加者は多額の旅費を自腹で払って参加する。

そのジャパントレックが例年、すさまじく人気なのだ。われわれの代も、当初、設定した募集枠が瞬く間に埋まり、増枠に続く増枠で、最終的には100人規模のトレックになってしまった。HBSでは毎年10以上のトレックが企画されるが、多くは30~40人規模で、100人規模になるのは日本とイスラエルの2つしかない。

はるばる来日したハーバード生を楽しませようと、日本人留学生たちも必死

参加者たちの高い期待に応えようと、ツアー内容を考える日本人留学生も必死だ。2013年のジャパントレックは、京都、広島、箱根、東京の4都市を8日間かけて回った。

観光名所巡りだけでなく、禅体験をしたり、浴衣姿で大宴会をしたり、全身で日本を体験できるようにした。もちろん、ただ遊び呆けているだけでなく、広島平和記念館で広島元市長の講演を聞いたり、日本を代表する大企業の社長からお話を聞いたりもした。

この1週間あまりの日本旅行で、HBS生の日本に対する印象は大きく変わるようだ。

「今までさまざまな国を旅行してきたが、日本ほど魅力的なところはないと断言できる」

「日本に来るのは初めてだったが、すでに母国のような居心地のよさを感じる」

「将来、日本とビジネスをして、この国のことをもっと知りたい」

など、まるでおカネを払って言わせているんじゃないかと思うような、ポジティブな感想がポンポン出てくる。とにかく、遠慮がない、歯に衣を着せぬ発言をするHBS生たちなので、お世辞コメントということはないだろう。日本を離れる頃には、彼らは日本の大ファンになっている。

ハーバード生が日本で感動するものとは?

彼らは日本のどこに感動するのだろうか?

われわれが彼らを連れていくのは、清水寺や築地市場や温泉といった日本っぽい場所である。それはそれで喜ばれるのだが、彼らを本当に感動させるのは和の心だ。

次ページ外国人から見た日本のよさ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT