「結婚持続率」が高い地域と低い地域の大差

結婚しやすく、離婚しにくい地域はどこか

「結婚持続率」の地域差からは、どういった問題が見えてくるのでしょうか(写真:bee/PIXTA)

2017年の人口動態調査によれば、婚姻率(人口千対)は4.9となり、統計資料が残る明治の1899年以来過去最低記録となりました。婚姻率が5.0を切ったのも初めてです。

この連載の一覧はこちら

一方で、離婚率(人口千対)は、1.70と、過去最高だった2002年の2.30と比較するとマイナス0.6ポイントも下げてはいますが、これはそもそも婚姻の絶対数が減少していることによるものです。

いわゆる特殊離婚率(離婚数を婚姻数で割ったもの)で見ると、2001年から17年連続で35%あたりをキープしており、相変わらず「3組に1組は離婚する」という状況に変わりありません。

都市部も地方も「婚姻減・離婚増」

婚姻数の減少や離婚数の増加に対して、よく「都市部に集中している」という誤解があるのですが、都道府県別に長期的な推移を見ても、都市部も地方も同じように「婚姻減・離婚増」の傾向は同じです。

都道府県別に、40年間の推移を見てみましょう。まさに第2次ベビーブーム直後だった1975年と2015年とを比較してみます。

ご覧のとおり、ほぼすべての都道府県が大きな塊となって「婚姻減・離婚増」へと進んでいます。婚姻率に関して言うと、東京や大阪といった都市部は、むしろ婚姻率は高く、ここ40年で低婚姻率に陥ったのは、地方のほうです。そして、秋田・山形・岩手・新潟・富山などのなぜか「雪国」の婚姻率低下が目立ちます。

次ページ婚姻率のワースト1位は秋田県
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。