「結婚持続率」が高い地域と低い地域の大差

結婚しやすく、離婚しにくい地域はどこか

では、婚姻関係が継続している率はどれくらいあるのでしょうか。

指標として、婚姻率と離婚率の差分を都道府県別に算出してみました。単年比較では正確な傾向を把握できないため、人口動態調査長期推移より、1937年から2015年までのデータを使用します。

1937年と1947年、1950年以降は5年ごとに抽出した婚姻率から離婚率を引き算して、その全体の平均値で見ることにします。これを、私は「結婚持続率」と名付けました。持続率といっても、結婚継続期間の長さの指標ではありません。「結婚しやすい」かつ「離婚しにくい」指標とお考えください。

圧倒的に結婚持続率が高いのは東京

都道府県別のランキングは以下の通りです。

圧倒的に結婚持続率が高いのは、東京です。東京だけではなく、神奈川、埼玉、千葉の首都圏が上位を占めています。つまり、首都圏の夫婦は、結婚持続性が高いということです。一方、九州は総じて下位にあります。

確かに、東京は戦後から現在にかけて婚姻率は高く、離婚率はそれほど高くはありません。一方で離婚率の低さでは上位にくる秋田などは結婚持続性が低くなっています。これは、離婚の少なさを上回るほど婚姻率が低いということでしょう。その証拠に、婚姻率の長期平均でも秋田は、島根・鹿児島に次いでワースト3位です。

次ページ結婚持続率の地図はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。