日本で「子どもは2人まで」宣言が出ていた衝撃

1974年実施の「少子化推進」が残す深い禍根

未婚化は突然起きたわけではなく、50年以上かけてゆっくりと進行していったということはご存じでしょうか?(写真:metamorworks/PIXTA)

「知っているつもりで、知らなかった事実」というものがたくさんあります。

現在、日本は未婚化、少子高齢化という深刻な問題に直面しています。多くの人が、これを「突然起きた異常事態」だと考えたり、「草食化する若者の価値観の問題」だとしたりする向きもあります。しかし、実はこれらは突然でもなければ、若者の価値観の問題でもないのです。

この連載の一覧はこちら

生涯未婚率という言葉が脚光を浴びたのは、2010年の国勢調査の結果からでした。男性の生涯未婚率が20%を初めて超えたときです。

「50歳時点で未婚のままの人は、今後結婚する可能性はゼロに等しい」という意味の生涯未婚率という定義は、それまでの年齢別未婚率の推移を見れば妥当なものでした。

事実、2015年の人口動態調査でも、50歳以上で初婚を迎えた男女の割合は、全婚姻数に対する構成比として男性1.2%、女性にいたっては0.4%しかいません。1970年代までは、男女とも0.1%しかいませんでした。

第3次ベビーブームが起きてもいい時期があった

この生涯未婚率が上昇し始めたのは、1990年代からでした。しかし、本来、1990年頃というのは、第3次ベビーブームが起きてもいい時期だったのです。日本には、戦後2回のベビーブームがありました。1回目は、戦後間もなくの1947年から1949年にかけて。

2回目は、1971年から1974年にかけてで、1回目のときに生まれた子どもたちを「団塊の世代」といい、2回目のときに生まれた子どもたちは、団塊の世代の子どもたちであることから「団塊ジュニア世代」と言われました。

1990年代は、その「団塊ジュニア世代」の子どもたちが成人年齢に達する頃であり、通常なら第3次ベビーブームが来るはずでした。しかし、結局それは訪れませんでした。その代わりに、1989年に到来したのは、丙午(ひのえうま)を除けば、戦後最低の出生率を記録した「1.57ショック」だったのです。

3回目のベビーブームが来なかった理由とも関連しますが、そもそも日本政府が当時少子化を推奨していたという事実をご存じでしょうか。

1974年6月に、人口問題審議会(当時、旧厚生省内)により、人口白書『日本人口の動向』が刊行されました。そこには「静止人口をめざして」という副題が付けられています。当時は、増えすぎる人口のほうが大きな課題だったのです。さらに、1974年7月に実施された「第1回日本人口会議」(国立社会保障・人口問題研究所)では、増えすぎる人口を問題視し、「子どもは2人まで」という宣言を出しています。

次ページ少子化推進キャンペーンとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。