東京の「観光地に住む」選択が意外にいい理由

住まい選びに「街」の選択が重要になってくる

東京の観光地は「街」の価値を上げ、その結果、不動産としての価値も上げることになる(写真:まちゃー/PIXTA)
春の到来を前に、東京のどこに住もうか、悩んでいる読者も多いことだろう。この季節の場合、春から通うことになる「職場」や「学校」までの交通の便やかかる時間を軸として、住まい探しをすることが多そうだ。
しかし不動産にまつわるベストセラーを多く持つ牧野知弘氏いわく、東京で暮らすなら、あくまで「自分自身」を軸に、住む「街」をよりさまざまな角度から検討し、選ばなければならない時代がすでにやってきているという――。

東京23区間に存在する「地域差」

東京23区をつぶさに見れば地域差というものが実際に存在しています。 

1つ目が行政区による違いです。

このあたりの内容は『23区格差』(池田利道著)に詳しく論じられています。同書は東京23区の行政サービスや区民の収入や職業、学歴、医療施設や学校の状況、家賃水準など広範囲に分析し、区ごとの通信簿までつけてしまう、といった大胆な内容で話題を呼びました。

東京に存在する地域や場所による違いについて、行政区を基軸に浮かび上がらせた点がこの本の画期的なところかと思います。

2つ目が駅による違いです。

住まい選びは通勤の利便性を考えて行われる傾向が強い、ということは、働く世代にとっては自明でしょう。最近、住宅雑誌で目立つようになっているのが、「どの鉄道路線沿線に住むのがいいのか」「どの駅にアクセスできる住まいを選ぶのがいいのか」といった内容です。夫婦共働きでやっていくためには、使う鉄道路線や駅が非常に重要となるということです。それも当然だと思います。

そして3つ目が私の著書、『街間格差 オリンピック後に輝く街、くすむ街』でテーマにしている「街」です。

同書に詳しく記しているように、これから先の都内では不動産が供給過多となり、買うにしても借りるにしても、家が選び放題となります。そこに加えて起こる働き方やライフスタイルの激変により、1日の大半を過ごすことになる「街」の選択こそ、住まい選びにおいて重要になる可能性がますます高くなっていきます。

この選択では、その街が所属する行政区の各種サービスや社会インフラの充実度、住民の意識、あるいは文化や芸術といった要素までが関わります。もちろん都心を含めたほかの街とのアクセスといった交通利便性も重要となるでしょう。

次ページ観光地としての「東京の街」を考える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。