楽天、「ドローン」であえてライバルと組む理由

無人配送サービスで先行する京東集団と提携

ジンドンは中国国内8省でドローン配送を運用している(写真:京東集団)

国内のネット通販(EC)大手・楽天は2月下旬、中国EC大手の京東(ジンドン)集団と日本における無人配送サービスの提供に向けて提携することを発表した。楽天は自社で構築する無人配送の仕組みに、京東のドローンとUGV(無人地上配送ロボット)を活用する。

「配送産業の革命を起こしたい」。2月21日に都内で行われた共同記者会見で、楽天の安藤公二常務執行役員は言葉に力を込めた。

将来的に競合相手になる可能性も

楽天はこれまで、物流の最終段階にあたる消費者への配送、通称「ラストワンマイル」の無人化を目指し、ドローン配送の実証実験を繰り返してきた。子会社でドローンの衝突防止や飛行管理プログラムの開発も進めている。だが、ドローンの日常運営には至っていない。

一方、京東は中国で世界初の完全無人倉庫を運用するなど無人化技術で先行する。無人配送の運用実績も豊富で、すでに中国8省でドローン配送を日常運用している。UGVも2018年6月に一般道路走行を実現しており、河北省の経済特区・雄安で日常運用を始めた。

2月下旬に行われた楽天とジンドンの共同記者会見の様子(記者撮影)

今回、固い握手を交わした両社だが、将来的には「競合相手」になる可能性がある。京東は中国でのECのみならず、昨年9月にタイで現地の小売り大手とともにECサイトを立ち上げた。

すでに越境EC(海外メーカーの国境を越えた通信販売を支援する仕組み)を展開している日本でも、ECサイト開設に踏み込むことも考えられる。そうなれば、日本のEC大手である楽天との競合は避けられない。

次ページなぜ今回、提携に至ったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT