東京パラリンピック競泳の星「池あいり」の挑戦

日体大で健常者に交じって猛烈トレーニング

:1つには、リオ・パラリンピックでまったく結果が出せなかったことがあります。高校までは障害者アスリートの皆さんと一緒に練習をしていましたが、さらに高いレベルで鍛えなければ、世界では勝てないことを痛感させられました。実際、海外では障害者と健常者が一緒に練習をするのは当たり前のことなんですよ。

乙武:つまり世界で結果を出すためには、避けては通れない道であった、と。人はどうしても、いまある環境の中で1番になることを目指してしまいがちですが、だからこそさらに高いレベルの中に身を置く必要があったわけですね。

:パラアスリートだけの環境であっても、日本一になるとやっぱり嬉しいんです。でも、そこで満足してしまうと、それ以上の記録は望めません。その点、日体大に来たことで、普段から高いレベルで競う気持ち、メンタル面はかなり鍛えられたと思います。

健常者と分け隔てない環境で鍛える

乙武:ちなみに、パラアスリートが健常者アスリートに混ざって練習をするのは、日体大にとっても初の事例だそうですね。もともとどういう経緯で日体大入りが決まったんですか?

:高校時代から指導を受けている峰村史世コーチ(※パラ水泳日本代表ヘッドコーチ)に相談をしたところ、日体大の藤森善弘コーチに話をつないでいただけて、試しに練習に参加させてもらったのが始まりでした。

乙武:レベルの違いを、最初はどう受け止めていたんですか?

:練習量もめちゃくちゃ多いですし、まったくついていけなかったですね。でも、藤森コーチというのはすごく面白い人で、「もしうちに来るなら、健常者と同じ鍛え方をする。覚悟して来るように」と言われて。ここなら強くなれると確信し、日体大へ進むことを即決しました。

乙武:ある意味、差別も別け隔てもない環境がそこにあったと。

:そうなんですよ。これまでは街のスイミングスクールでも、左足の障害を理由に参加させてもらえないことも多かったので、藤森コーチには感謝しかないですね。ただ、あまりに練習が厳しくて、1日で挫折しそうになりましたけど(笑)。

乙武:僕も似たような経験があるので、気持ちはわかるんですよ。僕の小学生のときの担任は、何でも他の子たちと同じようにやらせてくれる先生だったので、おかげで障害を言い訳にしようと思わず、計算でも習字でも漢字ドリルでも、人並み以上にやってやろうという気になりました。

:ああ、よくわかります。私の場合、最初のうちこそ体がついていかず、体調を崩すことも多かったんですけど、半年ほどしてようやく慣れてくると、ちゃんと伸びていることが実感できて、それが励みになりました。一時期は泳ぐたびにベストタイムが出るような状態でしたからね。

乙武:それはすごい。やはり努力の量は裏切らないんですね。

:なにしろ陸上トレーニングでも、健常者の選手と同じように走ってますからね。

乙武:え、走れるんですか?

:走れなかったんですけど、無理やり続けているうちに補助する筋肉が発達したのか、走れるようになりました。

乙武:パラアスリートの皆さんに話を聞くたびに思うことですが、本当に人の体ってすごいですよね。これはますます来年が楽しみになってきました。毎日、想像を絶するハードなトレーニングをこなされているのだと思いますが、引き続き頑張ってください!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT