レクサス、「月19万円で借り放題」はお得なのか

国内メーカー初の定額利用サービスを開始

トヨタが始めるサブスクリプションサービスでは、レクサスブランドのSUV「レクサスUX250h」など、高級車を半年ごとに乗り換えることができる(撮影:尾形文繁)

音楽や動画配信などで急速に普及するサブスクリプション(定額利用サービス)。自動車分野では、「モビリティサービス会社への転換」を掲げるトヨタ自動車が先陣を切って参入した。

トヨタの「KINTO SELECT(キントセレクト)」と「KINTO ONE(キントワン)」で、キントセレクトは、頭金なしに月額19万4400円(税込み、以下同)を支払うことで、高級車ブランド・レクサスの新型車6車種を3年間、半年ごとに乗り換えて使うことができる。

個人向けカーリースとの違い

一方、キントワンは、トヨタブランドのセダン「プリウス」やミニバン「アルファード」など5車種の中から1車種を選び、3年間乗ることができる。月々の支払いはプリウスの場合、4万9788~5万9832円、アルファードでは8万5320円~9万9360円だ。キントセレクトは2月6日から、キントワンは3月1日から東京で始め、夏以降に全国に拡大する。

サービスを手掛けるのはトヨタの金融子会社・トヨタファイナンシャルサービスとカーリース大手の住友三井オートサービスが今年1月に設立した新会社「KINTO(キント)」。社名は必要なときにすぐに現れ、思いのままに移動できる「觔斗雲(きんとうん)」をイメージしたという。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

KINTOの小寺信也社長は「従来のトヨタはどこにマーケットがあるのかをきっちりと見極めて商品を展開してきた。ただ、そうしたやり方だけでは自動車産業の変革期を乗り切るのは難しい。不透明な将来に向けて先手を打つ」と新サービスの狙いを語る。

料金には車両代のほか、登録時の諸費用や税金、任意保険料が含まれ、キントワンでは6カ月ごとのメンテナンス費用も含まれる。ただ、既存の個人向けカーリースでは、同じように料金の中に税金やメンテナンスが含まれたサービスもある。キントと既存のカーリースとの大きな違いは、任意保険を含むことだ。任意保険には等級制度があるため、自動車を初めて持つ若い世代にとっては負担が大きいが、キントの月額料金は等級や年齢に関係なく一律だ。

次ページ若年ユーザーには割安か
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。