「やりがいある仕事を探せ」というムチャ振り

ブラック企業にとって「やりがい」ほど美味しいものはない

普通、拘束時間が長いのにもかかわらず給料が安い仕事には、人は集まりません。ところが「仕事は正直きついです、でもやりがいはあります!」と仕事のやりがいを前面に押し出すと、やりがいを重視する人たちが集められるようになるのです。

経営者側からすれば、これを利用しない手はないということになります。

実際、「やりがい」を重視して働く人たちの中には、残業代も出ない、土日もろくに休めないような状況で、自分の能力をフルに使って「いい仕事」をしてしまう人たちがいます。本来、いい仕事をする人を雇いたいと思ったら、それ相応の給料を払わなければなりません。契約で決めた労働時間よりも長く働いてもらいたいと思ったら、残業代や休日出勤手当を出す必要があります。

しかし、「やりがい」という報酬を用意すれば、安い給料で、残業代もろくに払うことなく、とてつもない労働力を得ることができてしまうのです。

「やりがい」はあくまで仕事のおまけ

こういった「やりがい」を利用した悪質な搾取に引っかからないようにするためには、仕事についての考え方を見直さなければなりません。

そもそも、仕事とは「労務」を会社に提供して、その見返りとして「給料」をもらう行為です。

この関係が正しく成り立っていないものは、どんなに「やりがい」があったとしても、仕事と言ってよいかどうかは疑問です。

仕事に「やりがい」があるからといって、その分安い給料でもいいとか、残業代が出なくてもいいとか、そういうふうに考えること自体が間違っています。「やりがい」の有無に関係なく、給料は働きに見合った分もらえて当然ですし、残業をしたら残業代だってもらえなければおかしいのです。

個人の価値観として、「やりがい」のある仕事に就きたいと考えることは勝手です。ただ、その「やりがい」を得るための代償に、労働条件について妥協するのは間違っています。「やりがい」はあくまで仕事のおまけにすぎず、働きに見合った分の給料や残業代をしっかりもらったうえで、もらえるならもらっておこうぐらいの意識が、いちばん無理がないのではないでしょうか。

次ページ「やりがい」でだまされないために
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT