42歳「法廷画」でとことん際立つ男の波乱万丈

「絵で食べる」ためやれることをやり尽くした

それからは月の半分を東京で過ごすのが日常になった。1日16~18時間働かないとこなせない仕事量に忙殺されてはいたが、そこには生まれて初めて味わう、家庭のしがらみのない自由があった。

自分の意思で好きに使えるお金が手元に残るようになったのもこの頃からだ。リフレッシュのために人生初の海外旅行をし、そこで同じツアーに参加していた日本人女性と知り合い、やがて結婚することになる。年収1000万円の目標は“半上京”して1~2年のうちに達成した。

自伝マンガ『トコノクボ』。2012年10月から作品をアップしている。文庫本未掲載や一部加筆修正した作品も読める(よしたかさん提供)

そして2012年、35歳のときに父の借金を完済する。父の死からちょうど10年後、フリーランスになってちょうど10年というタイミングだった。「これでようやく過去との決別ができた」ということで、記念に自らのホームページで自伝マンガ『トコノクボ』を連載するようになる。評判が評判を呼び、2015年にはマイナビ出版で書籍化された。

この『トコノクボ』には、これまでたどってきた過酷な半生がギリギリまで具体的に描写されている。イラストレーターとしてのサクセスストーリーを読もうとすると、家庭のドロドロも同時に流れ込んでくる。「けっこう露悪的」だと自嘲するが、そこには確固たる戦略がある。

唯一の人間だということが伝わってくれたら…

「自分と似たタッチの絵が描ける人なんてゴマンといるわけで、そこで仕事をもらおうとしたら他者と区別する情報を提示しないといけません。そのために自分の経験を伝えていこうと考えました。自分とまったく同じ経験をした人はまずいない。こういう経験をしてきた唯一の人間だということが伝われば、『この榎本よしたかという人間に注文してみよう』ってなるかなと思ったんですよ。

榎本さんの公式ホームページ「Yoshitaka Works」のギャラリーページ。法廷画だけでなく、さまざまなタッチの作品を掲載している(よしたかさん提供)

せっかく知ってもらうためにホームページを立ち上げても、変にパーソナルな部分を隠すと、『この人に仕事を頼んで本当に大丈夫なのかな……』と相手を踏みとどまらせてしまう。安心して依頼してもらえるというのはすごく重要ですから」

仕事をもらうための自伝だから、自己満足にふけることもないし、無駄にすべての要素をさらけ出すこともない。持病のことにマンガで触れていないのも、隠しているわけではなく、特に受注にプラスになる情報ではないと判断したためにすぎない。

「もう20年以上もトゥレット症候群ですから、人前で発作が出ても今更何とも思わないです(笑)。自分でコントロールできないものはコンプレックスを抱いても仕方がないですからね。世に知られていない病気なので「こういう難病があるんですよ」というマンガをいつか描こうと思っていますが、それは公の利のためであって、自分のアイデンティティを紹介する意味ではいらないと判断したんですよ」

次ページ「自分の名前は『よしたか』だと思っています」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT