高齢者を狙った「詐欺」が増え続けている事情

1件あたりの被害総額は230万円近くに上る

特殊詐欺は平成22(2010)年以降、平成29(2017)年まで7年連続で増加し、中でも「オレオレ詐欺」は、東京や千葉、神奈川、埼玉や大阪などの大都市を中心に多くの被害が出ています。平成30(2018)年上半期に限ると、東京と神奈川の被害件数が大幅に増加。1件あたりの被害総額は230万円近くに(警察庁「平成30年上半期における特殊詐欺認知・検挙状況等について」より)。

「オレオレ詐欺」は平成30(2018)年9月末現在、特殊詐欺件数の半分以上をしめ(警察庁調べ)、多くの対策が練られているにもかかわらず、今年度の被害総額も300億円を越えそうな勢いです。

現金を受け渡す、現金手交型は相変わらず多いものの、最近、特に増えているのが、キャッシュカード受け取り型の詐欺。カードそのものはお金ではありませんが、暗証番号を聞き出し、お金を引き出すというものです。

「カードが偽造・不正利用されている」「新しいカードとの変更が必要」「古いカードを預かりに行く」などといった文句でカードをだまし取り、被害者の85%が女性、そのうちの77%が65歳以上の高齢者であるというデータも(オレオレ詐欺全体でいうと、96%が65歳以上です!)。

■平成30年の手口別被害状況( 前年対比 )

(図:警察庁 警察白書)

 作り話で泣きついてくる

「オレオレ詐欺」は電話口で息子・孫などの家族になりすましてお金を要求してきます。

「会社の金を使い込んでしまった」
「電車(タクシー、病院など)でカバンを忘れたが、会社の小切手が入っていて、今日中に取引先に金を払わないといけない」
「浮気相手を妊娠させてしまった」
「株で失敗し、大損してしまった」
「交通事故を起こし、示談金を払わねばならない」
「借金の返済に追われている」

などという作り話で、「今すぐ、まとまったお金が必要だ!」と泣きついてきます。

次ページ息子や娘を語り連絡してくる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。