「誕生日アピール」する子どもの切ない心理

大人は「条件つき肯定」ばかりしていないか

こうならないために大切なのが無条件に褒めることです。つまり、「頑張ったら」「ちゃんとできたら」「よい結果を出したら」「よい子にしたら」などの条件つきでない無条件の肯定です。言い換えると、その子の存在そのものを褒めることです。そして、実は、子どもが本当に親の愛情を実感するのは、自分の存在を無条件に丸ごと肯定されたときなのです。つまり、心の深いところではみんな次のように願っているのです。

「頑張れない自分も大切にしてほしい」「ちゃんとできない自分も許してほしい」「よい結果を出せない自分も愛してほしい」「ありのままの自分を肯定してほしい」「どんな自分も受け入れてほしい」

このような願いをかなえるのが無条件に褒める言葉、無条件な肯定です。具体的には、次のような言葉を贈ってあげてほしいのです。

あなたのことが大好き
あなたといると楽しい
あなたがいてくれるだけで幸せ
今日も一緒にいられてうれしい
あなたは私たちの宝物
生まれてきてくれてありがとう。大好きだよ
ママとパパのところに生まれてくれてありがとう
あなたがいてくれて、ママもパパも本当に幸せ
おかえり。無事帰ってきてくれてよかった

また、子どもが自信をなくしているときや心が折れているときなど、もっと直截(ちょくせつ)に伝える必要があるときは、次のような言葉も”あり”です。

無条件に丸ごと肯定してもらえると、頑張れる

頑張れないあなたも大好き
てきぱきできないあなたも大切な宝物
どんなことがあっても、パパとママはあなたの味方だよ
勉強が苦手でも関係ないよ。成績が上がらなくても関係ないよ。どんなあなたも大好きだよ

「そんなことを言うと、ますますやらなくなるのではないか」と心配する人もいると思いますが、決してそんなことはありません。親から無条件に丸ごと肯定してもらえると、子どもは心が安らかになります。そして、自分自身を肯定できるようになり、かえって頑張るエネルギーが湧いてくるのです。また、親の無条件の愛情を実感できている子は、兄弟や友達にも優しくなれて人間関係もよくなります。

ところが、日本人はこういう言葉を口に出すのが苦手です。欧米をはじめ諸外国の人たちより少ないように思います。ユニセフや内閣府などいろいろな機関が国際比較調査を行っていますが、日本の子どもたちの自己肯定感はいつも非常に低いということがわかっています。その原因の1つとして、親からの無条件な肯定が少ないということがあるのではないでしょうか。

次ページ親からのちょっとしたひと言が宝物になる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT