アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

年末年始にいちばん売れたのは?

年末年始、アマゾンでいちばん売れたビジネス書は?(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、12月30日~1月5日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

年末年始にいちばん売れたのは『メモの魔力』

今週(12月30日~1月5日)のランキングでは、『メモの魔力 The Magic of Memos』(前田裕二著、幻冬舎)が1位に輝いた。大きな特殊要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

『メモの魔力』(画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(cis著、KADOKAWA)がランクインした。アマゾンによると、プレジデント・オンラインの記事で紹介され、注文が集まったという。

3位と4位には、それぞれ『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社)の上下巻がランクインした。本書の刊行は2016年9月だが、NHK BS1スペシャルで同書が取り上げられ、注目が集まったという。

ランク外から一気に11位につけたのが『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(原晋著、アスコム)だ。言うまでもなく「箱根駅伝」の開催が影響した模様だ。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「新年に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT