アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

年末年始にいちばん売れたのは?

年末年始、アマゾンでいちばん売れたビジネス書は?(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、12月30日~1月5日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

年末年始にいちばん売れたのは『メモの魔力』

今週(12月30日~1月5日)のランキングでは、『メモの魔力 The Magic of Memos』(前田裕二著、幻冬舎)が1位に輝いた。大きな特殊要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

『メモの魔力』(画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(cis著、KADOKAWA)がランクインした。アマゾンによると、プレジデント・オンラインの記事で紹介され、注文が集まったという。

3位と4位には、それぞれ『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社)の上下巻がランクインした。本書の刊行は2016年9月だが、NHK BS1スペシャルで同書が取り上げられ、注目が集まったという。

ランク外から一気に11位につけたのが『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(原晋著、アスコム)だ。言うまでもなく「箱根駅伝」の開催が影響した模様だ。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「新年に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。