アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

年末年始にいちばん売れたのは?

年末年始、アマゾンでいちばん売れたビジネス書は?(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、12月30日~1月5日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

年末年始にいちばん売れたのは『メモの魔力』

今週(12月30日~1月5日)のランキングでは、『メモの魔力 The Magic of Memos』(前田裕二著、幻冬舎)が1位に輝いた。大きな特殊要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

『メモの魔力』(画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(cis著、KADOKAWA)がランクインした。アマゾンによると、プレジデント・オンラインの記事で紹介され、注文が集まったという。

3位と4位には、それぞれ『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社)の上下巻がランクインした。本書の刊行は2016年9月だが、NHK BS1スペシャルで同書が取り上げられ、注目が集まったという。

ランク外から一気に11位につけたのが『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(原晋著、アスコム)だ。言うまでもなく「箱根駅伝」の開催が影響した模様だ。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「新年に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT