東大生厳選、冬休みに読みたい「分厚い本」3冊

手強い大著も「読み方」次第ですっきりわかる

時間のある今だからこそ、「手強い本」に挑戦してみてはどうでしょうか?(画像:bee / PIXTA)
「勉強しているはずなのに、成績が上がらない」「どれだけ本を読んでも身につかない」。受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
「知識を増やすだけでなく『地頭力』も高められる」「速く読めて、内容も忘れず、かつ応用できる」読書法を、書籍『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』にまとめた西岡氏に、「年末年始こそ読みたい、分厚い本3冊」を紹介してもらいました。

長い休みにこそ「分厚い本」がオススメ

皆さん、厚い本を読むならば年末年始です。

『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』は15万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

厚い本を読むには、まとまった時間が取れて心機一転のタイミングとなる「年末年始」がいちばんいいタイミングなのです。

僕も経験があるのでわかるのですが、分厚くて長い本というのはどうしても、途中で挫折してしまったり、忙しくて時間が空いてしまったりして、なかなか読み切ることができないものです。

その点、年末年始というのは読む時間もある程度確保できますし、新しい気持ちで新年を迎えるので、なんとなく「よし!読もう!」という気持ちが起こりやすいです。厚い本を読むなら、年末年始こそうってつけなのです。

今日はそんな中でも、この本は年末年始にこそ読んでおいていただきたい!という3冊をご紹介させていただきます。

次ページ1冊目は、東大受験生にもオススメ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。