「一杯3000円」の微妙なコーヒーが売れる理由

高くても売れる商品には共通点がある

一杯3000円のコーヒー、はたしてあなたは飲みたいと思うだろうか(写真:NOBU/PIXTA)
世の中では、高くても意外なものが飛ぶように売れている。しかし「いいものを高く売ろう」と考えても、なかなか実現できない人は多い。違いはどこにあるのか? 『なんで、その価格で売れちゃうの?』(PHP新書)でさまざまな価格戦略を紹介した永井孝尚氏が、その秘密に迫る(本記事は、同書からの引用記事です)。

渡辺直美がブレークした理由は「希少性」にあった

「和製ビヨンセ」をテレビで初めて見た時は、衝撃だった。推定体重100㎏。登場するなり、いきなり激しいダンスパフォーマンスを始めた。歌は完璧。よく見ると口パク。「口パクの女王」だという。踊りと完璧に同期している。踊るたびに波打つお腹を見なければ、どう見てもビヨンセだ。しかし同時にこう思った。

「すぐに消えるんだろうなぁ……」 。……スイマセン。私、間違っておりました。

「和製ビヨンセ」が「渡辺直美」という名前だと知ったのは、かなり後になってからだ。

人気はグングン急上昇。ドラマ主演も果たした。インスタグラムのフォロワー数は、名だたる芸能人を押さえ日本人トップの800万人(2018年8月現在)。2018年にはアメリカ『タイム』誌で「インターネット上で最も影響力ある25人」に選ばれた。「『日本人女性かくあるべし』という常識にとらわれず活動している」からだという。世界のトップ25人である。念のため。

これまでも「デブキャラ」はいた。しかし、ここまでブレークした人はほとんどいない。

なぜ渡辺直美はブレークしたのだろうか? 

まず太っているだけでなく、「明るく、オシャレで、激しいダンスをする」というギャップ感、言い換えれば「希少性」である。芸人としても面白い。2012年と2013年の「史上空前!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ」では2年連続で優勝している。世の中はつねに面白いモノを求めているのである。

本人も努力している。2014年にニューヨークに3カ月間留学し、徹底してダンスと語学を学んだ。その後、仕事の幅が広がり、2016年から急に新しい仕事が増えたという。

いまや渡辺直美は、CMにも引っ張りだこの超売れっ子だ。2018年上期のCM起用社数は11社。女性タレントでは綾瀬はるかやローラと並び、堂々の4位である(ニホンモニター調べ)。

希少なものは高い価値を持つ。しかしそれだけでは不十分。高く売れるには、市場が求めていることが必要なのである。

このように希少なものは高い価値を持つことを、私自身も体験した。コーヒーである。

次ページおいしくないのにプレミアム。1杯3000円のコーヒーの裏側
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。