48年前のフェラーリが2.3億円で売れた理由

ホコリだらけのスーパーカーが持つ希少価値

長い間日本で眠っていた希少なフェラーリ「デイトナ」が、オークションに出品された ©2017 Courtesy of RM Sotheby's

赤いボディカラー、黄色と黒であしらった「跳ね馬」のエンブレム、流麗なデザイン――。

一目見てそのフェラーリだとわかるスポーツカーだが、外観はホコリだらけ、ボディの艶もなければ、室内もシートはすり切れ、ホコリが堆積している。ちゃんと走るどころか、エンジンも掛かるかどうか怪しい。

もともと安定した相場で取引されるモデルだが…!

そんなクルマに2億円を超える値段が付いた。

フェラーリファンの間では「デイトナ」の愛称で知られるモデル ©2017 Courtesy of RM Sotheby's

9月9日、イタリア・マラネッロ。フェラーリの本拠地で開かれた同社の70周年祝賀行事で目玉イベントとなったオークションに、日本から出品された50年近く前に製造されたフェラーリが大きな話題となった。

名称は「365GTB/4」。フェラーリファンの間では「デイトナ」の愛称で知られるモデルだ。デイトナは1968年から1973年にかけて1200台余りが生産されたフェラーリ・ロードカーのフラッグシップたるV12気筒エンジン搭載車で、レオナルド・フィオラヴァンティの筆によるピニンファリーナデザインは高い人気を誇る。

デイトナはオークションにおいても人気は高く、昨年の主要オークションにおける落札価格は60万~105万ユーロ(約8000万~約1億4000万円)という高値を記録。もともと安定した相場で取引されるモデルだが、今回、出品されたデイトナは180万ユーロ(約2億3300万円)という、その中でも特に破格の金額で落札された。

今回落札されたデイトナは、今年48歳の人が生まれた1969年に30台目のデイトナとして製造され、イタリアの自動車雑誌『オートスプリント』誌のオーナーの下に納車され、その後、ヴェローナ、ラヴェンナのオーナーを経て1971年に日本へと送られた。

次ページ職人たちがアルミ板をたたいて成型したハンドメードボディ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?