48年前のフェラーリが2.3億円で売れた理由

ホコリだらけのスーパーカーが持つ希少価値

フェラーリのスペシャリストが来日し、鑑定を行った©2017 Courtesy of RM Sotheby's

岐阜、愛知のオーナーを経て、再び岐阜のオーナーの下にデイトナは収まり、その後、40年余りガレージでほとんど動かすことなく保管されていたという。今回のオークション出品に際して、フェラーリのスペシャリストが来日し、鑑定を行い、ボディ、エンジン、ギアボックス等の製造番号含め、オリジナリティの高い1台であることを証明するリポートが出された。

通常のデイトナのボディがスチール製であるのに対して、より軽量なアロイと呼ばれるアルミニウム製のボディを纏(まと)っている。記録によれば競技用の4台と、この市販用1台のみが、アロイボディとして製造され、デイトナの中でもたいへん貴重な1台だ。総計5台という製造台数からもわかるように、これらは専用の治具を用いながら熟練したボディ職人たちがアルミ板をたたいて成型したハンドメードボディなのである。

デイトナの中でもたいへん貴重な1台©2017 Courtesy of RM Sotheby's

この汚れは「セールスポイント」

そんな素性を持った希少な1台が日本の岐阜県の納屋の中に眠っていた。ただ、冒頭に記したようなホコリだらけの状態で、クルマに詳しくない人なら、見向きもしないかもしれない。

だが、実はこの汚れは「セールスポイント」なのだ。納屋にしまわれていたこと、日本で見つかったことも評価のポイントである。

手を加えずに新車のまま維持され続けた個体も、大いに価値がある©2017 Courtesy of RM Sotheby's

クラシックカー業界ではこういう長期保管の手つかず案件を「納屋物」と称する。クラシックカーはピカピカな状態に復元されたコンクールコンディションのクルマも評価が高いが、この納屋物のような「Preserved condition(プリザーブドコンディション)」、つまり復元なしに新車のまま維持され続けた個体も、大いに価値がある。こういったヒストリーやそのクルマのかつてのオーナーの名前によっても付加価値がつくのがクラシックカーの世界だ。

次ページ高く評価された3つの理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT