孤独死の後に残った現場の知られざる後始末

滅多に表へ出ない「特殊清掃」の裏側を見た

床が畳の場合は、畳を取り除けば汚れが取り除かれる場合もある。しかし多くの場合は、畳を超えて床下まで汚れが届いている。

2階の場合、床下と天井はつながっているので、最悪の場合下の階に液体が漏れていくことになる。

僕が見た和室2階の現場でも、床下には大きな染みができていた。床下を張り替えることはできないため、洗剤でしっかりと洗った後、塗料で塗り固めた。

特殊清掃業を営むには技術と設備が必要不可欠

しっかり清掃しようと思ったら、大変な作業になるのだ。

「特殊清掃業を営むには道具にはかなりの投資が必要になるよ。オゾン脱臭機も1台100万円以上するし、それが数台は必要。使用する薬剤も冷暗所で保存しなければならない。トラックももちろん必要になる。もちろんそれらを収納する場所も必要。生半可な気持ちでは始められない業種だね」

特殊清掃と言うと「死体があった場所を清掃する」という心理的負担が取り沙汰される場合が多いが、実際には技術と設備が必要不可欠だということがわかった。

またいざ、自分が特殊清掃を依頼しなければならない立場になったときは、慌てず慎重に信頼できる業者を探してほしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT