性暴力の大罪を犯す腐敗国家が滅びない真因

国連の弱腰姿勢にノーベル賞医師が怒り心頭

コンゴでは過去20年以上、混乱が続いている(写真:Kenny Katombe/REUTERS)

今年12月10日、人権保障の目標や基準をうたった「世界人権宣言」が国連で採択されて70周年を迎えた。その記念すべき日に、ノルウェー・オスロで開かれたノーベル平和賞授賞式に、コンゴ民主共和国の婦人科医デニ・ムクウェゲ氏が姿を見せた。

コンゴで5万人以上のレイプ・サバイバー(性暴力被害者)を治療し、戦争や武力紛争における性暴力の撲滅に貢献したことが評価されての受賞だった(参考:性的テロを告発したノーベル受賞医師の凄み)。

「正義が勝ちますように」

ムクウェゲ医師は、世界のメディア、有力者や一般の人々が注目する授賞式の場において、ここぞとばかり、コンゴ東部における世界最悪の人権侵害の状況、そしてコンゴや周辺国政府と国連にとって「タブー視」されている政治的問題を繰り返し語り、あるいは思い起こさせた。

筆者は過去、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の職員としてコンゴの難民保護・支援や政策立案に当たってきた。現在は「コンゴの性暴力と紛争を考える会」で代表を務め、ムクウェゲ医師が世界各国で行った演説の内容も把握している。その筆者の感覚からいっても、今回の演説はこれまで以上に力強い内容だった。

問題が解決しない現状に怒り

ムクウェゲ医師が語気を強めた背景には国際社会の無関心がある。

コンゴ紛争下の性暴力は、加害者の性的欲求だけでなく、「性的テロリズム」と呼ばれる武器として軍によって用いられている。こうした凄惨な犯罪〔大量殺戮(さつりく)や強制移動など〕は過去20年間、国連、人権NGOとフランス・スペイン判事の報告書を通して明らかにされていた。

にもかかわらず、国際社会はそれを黙認し続け、現在に至っている。性暴力の被害者と対峙してきたムクウェゲ医師は、問題が一向に解決へ向かわない現状に我慢できないのだ。

ムクウェゲ医師が2016年に初来日した際、筆者は成田空港まで出迎えて初対面し、東京までの車内でアテンドした。ムクウェゲ医師はその際にも、「国連人権高等弁務官にも直接面会したが、特に反応がなかった」と怒りをあらわにしていた。

次ページ暗に国連を批判
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。