京都とパリの「女」をめぐる意外すぎる共通点

なぜ京都の遊郭と「桂離宮」は似ているのか?

平安王朝は、ヴェルサイユを先取りしていた?(写真:大沢尚芳)
2019年1月2日に掲載された「京都市民が『長男の京大進学』を喜ばない事情」に続いて、フランス文学の重鎮・鹿島茂氏と、2016年に『京都ぎらい』で「新書大賞」を受賞した井上章一氏による対談をお届けする。京都とパリ、2つの都市の類似点が明らかになり、それぞれの都市の独自性、魅力、都市、文化があらためて見えてきた。『京都、パリ この美しくもイケズな街』から一部抜粋して紹介する。

井上章一(以下、井上):僕は日本の、何というか銀座のクラブみたいなものの存在の根っこには、やっぱり京都のお茶屋があると思います。

鹿島茂(以下、鹿島):そうですね。

井上:それをいちばん感じるのは、銀座では今でも「ママ」というでしょう。あそこにはやっぱりお茶屋の「お母さん」という、あの伝統が生きていると思います。ホステスさんの名前も、源氏名というじゃないですか。やっぱり『源氏物語(※1)』が、相当矮小化された形で生き延びているんだと思うし。フランスのメゾン・クローズ(パリの高級娼館。貴族や芸術家たちが出入りしてた一種の社交場)とか、キャバレーに「ママ」という言い方はあるんですか。

鹿島:ないわけではないですね。メゾン・クローズのおかみさんのことは「ママ」というふうに呼んでいますね。特に、その店で働いている娼婦は。

井上:呼んでるんですか。

鹿島:ええ、呼んでますよ。女の子たちは。公的には「マダム」、私的には「ママ」というのが普通かな。

井上:その呼び名は、日本に駐屯していた米軍兵士が、パリに伝えたんじゃあないですか。

なぜパリの女性経営者は「偽装結婚」するのか

鹿島:それはどうだか(笑)。メゾン・クローズって、だいたい小金を貯めた商人が経営していた。日本の遊郭も結構そうだったようですよね。フランスでは、愛人から手切れ金としてもらった金で、元私娼が娼館を始めるというケースも多かった。

でも、面白い規制があって、経営者は必ず夫婦でなければいけないとされていた。そのため、娼館上がりの人たちは、適当な男を選ぶわけですよ。

井上:偽装結婚ですね。

※1 『源氏物語』
紫式部が書いた、平安時代中期の長編物語。桐壺帝の子で、容姿や才能に恵まれた光源氏のさまざまな恋愛、栄華、苦悩、没後の世界が描かれている。
次ページ女性経営者は「娼婦」の母親代わり
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT