オーストラリアを超激安で旅する6つの鉄則

旅行費を削れない人と削れる人の圧倒的な差

旅行はお金がかかってしまうものだが、できるだけ安く抑えたい…。旅の賢者に旅費を節約するポイントを聞きました(筆者撮影)  
旅の情報を知りたいときは、パンフレットやネットを覗くのもいいが、やはりいちばん参考になるのは、その土地を訪ねたことがある人の経験談だろう。
丸山ゴンザレス氏など、さまざまな土地に足を運ぶ旅人たちが執筆陣に並ぶ『旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ 最新版』の中から、今回は「オーストラリアを安く旅行する方法」について一部抜粋して紹介する。著者は公認会計士兼トラベルライターの三矢英人氏。

あまりイメージがないかもしれないが、オーストラリアは日本より物価が高い。そんなこともあって長期旅行者の多くはワーキングホリデーとセットで訪れているような気がする。筆者は、そんなオーストラリアを何週間かかけて節約旅行をした。ここで、その時に習得したノウハウを紹介したい。

まず抑えるべきは「交通費」と「食事代」

①移動は電車の乗り放題パスを使う

オーストラリアの何が高いって交通費がとにかく高い。夜行バスに1回乗っただけで150豪ドル(約1万2000円)かかるなんてこともザラである。

そんな時活用したいのが電車やバスの乗り放題パス。例えばニュー・サウス・ウェールズ州には電車が乗り放題になるNSW Discovery Passがある。こちらは乗り放題期間に応じて値段が異なる(14日有効、232豪ドルなど)。私はこのパスを使い、メルボルン、シドニー、キャンベラ、ブルーマウンテンズ、ゴールドコースト、ブリスベンを訪問した。

ほかにも私は利用していないがクイーンズランド州の鉄道で使えるQueensland Explorer PassやQueensland Coastal Pass、オーストラリアバス最大手グレイハウンド社が出している期間中乗り放題になるWhimitパス(例えば7日有効249豪ドル、21日有効399豪ドル)や一方向への移動で乗り降り自由なHop On Hop Offパスなどがある。

かつてはオーストラリアを代表する大陸横断鉄道インディアン・パシフィック、大陸縦断鉄道ザ・ガン、アデレードとメルボルンを結ぶオーバーランドの3つが乗り放題になるThe Rail Explorer Passというパスもあったが2015年の8月に廃止されてしまった。

移動費の高いオーストラリアもパスをうまく活用すれば安く上げることができる。

次ページ1000円近くするビッグマッグセット
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。