「性犯罪予防」フランスはここまでやっている

痴漢の通報できるアプリやブレスレットも

フランスでは地下鉄内での性犯罪や痴漢を予防するために、さまざまな対策がとられている(写真:ロイター)
本連載の筆者、佐々木くみが自らの学生時代の痴漢体験を赤裸裸につづった『Tchikan(痴漢)』。世界ではその類をみない痴漢という犯罪についての本は、日本やフランスだけでなく、世界中のメディアで話題となった。前回はくみと共著者のフランス人男性、エマニュエルが、日本とフランスの痴漢に対する考え方を語りあったが、今回はフランスでどんな性犯罪予防策がとられているのかを紹介したい。

地下鉄内で痴漢を逮捕する動画も

エマニュエル:前回の記事(フランス人から見ると痴漢はほぼ強姦行為だ)でフランスと日本での公共交通機関での性犯罪について話したけれど 、それに対する対策についてはまだ話していなかったよね。最近は#MeToo運動の影響もあってフランスではいろいろな対策が取られるようになってきたんだ。今回はその中でどんな対策が日本にも適用できそうか話し合ってみようか。

この連載の一覧はこちら

最もベーシックな対策としては、地下鉄や電車などの駅構内と車内のいたるところに設置された防犯カメラ(パリ市内の路線だけでも5万台以上のカメラが設置されている)や、どんなタイプの性犯罪が公共交通機関内で起こるか、被害に遭った場合はどうするかなどを示したポスターを張って注意をよびかけている〔Harcèlement sexuel dans les transports(公共機関におけるセクシャルハラスメント)パリ交通公団公式ページ〕。

また、性犯罪に対処するための専門の警察が駅や車内を巡回もしている。2016年の法改正によって、警察はより簡単に痴漢を公共交通機関内で逮捕できるようになったんだ。地下鉄内での痴漢を実際にどのように警察が逮捕するかを撮った動画もあるんだよ。

くみ:すごい、この動画いいね! フランス人女性の100%が、何かしらの性被害に遭ったことがある、という言葉から始まって、実際の警察による痴漢捜査から逮捕までのシーンもある。被害者からすると、こういうのが定期的に行われていると知るだけで、すごく心強い。ここに出てくる、62歳で孫もいる人、確かにメトロに乗って、降りて、また反対方向に乗って、降りて……確かに怪しい。

エマニュエル:日本でもこのような対策は行われているの?

次ページ防犯カメラ設置に燃える人たちがいる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。