埼京線「集団痴漢」事件で見えた異様な実態 声をあげられない女性側の心理

拡大
縮小
痴漢被害を赤裸々に語ってくれた山村さん

通勤時間帯のラッシュが隠れ蓑になるとでも思ったのだろうか。

JR埼京線の車両で発生した、4人の男が1人の女性を取り囲み触る集団痴漢事件。11月27日、強制わいせつ容疑で職業不詳の萩原崇智容疑者(34)、会社員の片岡秀照容疑者(49)、職業不詳の細川充容疑者(43)、会社員の斉藤祐輔容疑者(35)が逮捕された。

1号車の痴漢被害が多い

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

4人は面識もなく、隠語が飛び交うインターネット上の掲示板を見て自分も痴漢をすることを決めた愚か者たちだ。

JR埼京線は混雑率も高く、痴漢被害が後を絶たなかったため、2010年から先頭車両に防犯カメラを設置している。

「新宿駅~赤羽駅間など混雑する区間で、警察から特に1号車での痴漢被害が多いという情報があり導入しました。できる限り死角が少なくなる設計・設置をしています」

とJR東日本広報部。鉄道会社の企業努力を嘲笑うかのように容疑者らが乗り込んだのは、午後7時2分新宿発大宮行きの防犯カメラつき通勤快速列車だった。

JR東日本広報部は「警察からは痴漢の認知・検挙件数は減少傾向だと聞いています」と説明するが、なぜ容疑者らは警戒しなかったのか。

情報サイト『All About』の防犯ガイドで安全生活アドバイザーを務める佐伯幸子さんは、表面化しない痴漢被害が多いことを指摘する。

「痴漢被害は女性にとってはつらく恥ずかしいもの。周囲に訴えかけることもできず今、我慢すればいいと終わりにしてしまうことがほとんどなのです。しかし、それが次の被害者を生むことになってしまう。被害に遭った女性は、必ず被害を訴えてほしい」

つまり女性が大声で叫ぶなど被害を訴えない限り犯行はバレない、と容疑者らは高を括っていたのか。実際、逮捕に至ったのは、板橋駅のホームで乗客の誘導をしていたアルバイトの男子学生(19)が異変に気づき、駅員を通して110番通報したからだった。

次ページ声を上げられずに長い間被害にあっていた女性は
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT