埼京線「集団痴漢」事件で見えた異様な実態

声をあげられない女性側の心理

要は、おとなしそうな子だと思わせないこと。ビジネスウーマン風に装うのも手で、

「パンツスタイルがスカートよりは狙われにくい。ある女子大近くの路線では、入学時期の4月には短いスカートを着用する女性が多いそうですが、被害に遭うためか5月にはパンツやロングスカートの女性が増えるそうです。

サングラスや帽子、マスクなどで表情を悟られないようにするのも有効です。表情が見えないため、痴漢も手を出しにくい。英字新聞などを持ち、知的な雰囲気を出すのも“弁が立ちそう”“反撃されるかも”と見られ効果がある」

ドアの近くや車両の端は、逃げ場がないので避ける

混雑時には乗客でいっぱいの埼京線

乗り降りに関しては、

「乗車車両を固定しない。乗車前にホームで整列するときは、女性の近くに並ぶことです。ドアの近くや車両の端は、逃げ場がないので避けましょう。寝入ったりスマホに夢中になるのも、無防備になりますから注意が必要です。

酔った人からは離れ、周囲を見渡しましょう。痴漢は観察されるのを嫌がります。目を合わせるとトラブルになったりするので不審な男性は、のど元あたりから足元まで全身を見ましょう」

それでも痴漢に遭ってしまうこともある。日ごろから痴漢に遭った際のイメージトレーニングが必要と佐伯さんは話す。

「痴漢に、“やめてください”というと二者間のトラブルと思われるので、“助けてください、この人痴漢です”と周囲に言うこと。叫ぶのが難しければ防犯ブザーを鳴らしたり、スマホの画面に文字を入力し、周囲の人に見せ助けを求めます。

スマホのカメラで位置関係などの証拠を残すことも大切。決して泣き寝入りはせず、必ず通報してください。次の被害者を出さないためにも」

これから年末年始。痴漢被害で悔しい思いをしないためにも、警戒心を解かないことが大切だ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ディズニーシー拡張に透ける<br>「最強パーク」ゆえの焦燥

2500億円の投資で東京ディズニーシーを拡張するオリエンタルランド。集客絶好調ゆえの混雑で低下する顧客満足度に手を打つ。入園者数増加と値上げを両立したUSJの猛追も意識。