日本とフランス「稼ぐ女性の服装」はかなり違う

10着のワードローブでやりくりはありえない

フランスの女性は職場での服装の気品への意識がすごく高いそう。職場での服装のフランスと日本での違いとは?(写真:RossHelen/iStock)
『フランス人は10着しか服を持たない』などのヒットで、日本では「フランス人=少ないワードローブでおしゃれができる人たち」のイメージがつきつつあります。しかし、例えばフランスの大企業に勤める幹部クラスの女性に目を転じると、実情はかなり違うよう。
今回は、フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが、日本とフランスの「仕事着」について語り合いました。

天井までうずたかく積まれたブランド品の山

エマニュエル:今回は、軽い話題ということで職場での服装のフランスと日本での違いについて話してみようか。それじゃあまず、今から話す場面がどこで行われているか、当ててもらいたいんだけど、いいかな?

4人の30代から60代の女性がいて、何人かは座っていて、何人かは立っている。彼女たちはにぎやかに話し合いをしている最中だ。1人目の女性は白く光沢のある靴に赤いヒールというブランド物の靴を履き、エレガントな青いロングワンピースを着ている。2人目はヒールはないが流行の質のいい靴を履いて、白いシャツにスキニージーンズをはいている。3人目は高級なオーダーメイドの服にピンヒールのパンプス。4人目は、胸のポケットにいかりのモチーフが刺繍してあるブルーマリンのジャケットにショートパンツ、靴は高級ブランドのスニーカーを履いている。

この4人の女性はどこにいると思う? ファッションショーの会場か、社交界のサロン? あるいは、サンジェルマン・デ・プレにあるカフェ?

くみ:そうね、みんなそれぞれおしゃれに気を使って、お金もかけているようだから、安定した、お給料のいい職業に就いている女性という印象ね。

エマニュエル:そのとおり、正解は、フランスの大企業の会議室。何が言いたいかというと、フランスの女性は職場での服装の気品への意識がすごく高いってことなんだ。とくに30代から60代の大企業で高いポストに就いている女性にその傾向が強い。

僕が子どもの頃の話なんだけど、両親の寝室にたくさんの箱が積み重なっていて、天井に届きそうなピラミッド状のものが部屋の3分の2ぐらいを占めていた。それがいったい何なのか小さい頃は気に留めていなかったんだけれど、10歳ぐらいになったときにそれが母親の大量のブランド物の靴やカバンの箱だったと気がついたんだ。

この連載の一覧はこちら

休日に家族で過ごすときには、母はそんなブランド物なんてほぼ身に着けないのだけれど、職場のためだけにあれほど大量に購入していたのには驚いたよ。職場でエレガントな格好をしたり、そのための出費を惜しまない、というのは30代から60代の社会的地位の高いフランス女性特有のものなんじゃないかな。

次ページ職場でオシャレをする人がいるからファッション業界が栄えた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。