フランス人から見ると痴漢はほぼ強姦行為だ

軽はずみないたずらでは済まない

痴漢は決して軽はずみなイタズラではすまない(写真:Graphs / PIXTA)
本連載の筆者、くみが自らの学生時代の痴漢体験を赤裸裸につづった『Tchikan(痴漢)』を2017年10月に発売してから1年。世界ではその類をみない痴漢という犯罪についての本は、日本やフランスだけでなく、世界中のメディアで話題となった。今回はくみと共著者のフランス人男性、エマニュエルが、日本とフランスにおける「痴漢」に対する考え方を語り合った。

フランスでも公共交通機関で性犯罪が

くみ:エマニュエルは最初に私の体験について話を聞いた時、どう思った?

エマニュエル:そもそも僕は日本の痴漢のような犯罪の存在を知らなかったから、この話を聞いた時はすごく驚いたし憤慨したよ。もちろんフランスにも公共の交通機関での性的犯罪はたくさんあるよ。だから、たとえばフランスで「あなたは今まで公共の交通機関で性的ハラスメントを受けたことがありますか?」と女性に尋ねたら、残念なことにほぼ大半の人が受けたことがあると答えるだろう。

この連載の一覧はこちら

だけどくみの話で僕がいちばん驚いたのは、君が12歳から18歳までの間ほぼ毎日のように痴漢の被害に遭っていたということだ。痴漢の被害は毎日繰り返される拷問のようなもので、決して人生のなかでたまたま起こった出来事なんかではなかったのだよね。

くみ : 改めて言われてみると、確かにそうだね。今、私は多分エマニュエルが言う“普通”の生活を送っているけれど、それでも年に何度かは道で性的な言葉をかけられたりすることはある。たまにそういう目に遭うと、「最近は日常的に被害に遭うことに慣れてないから、余計ショックが大きいな」なんて思ったりするほど、当時は痴漢に遭うことが日常化してた。今考えたら、自分でも信じられないような状況だったと思う。

エマニュエル : 僕は日本の痴漢のようなタイプの犯罪の存在を知らなかったけど、主にフランス、ヨーロッパ全般での公共機関での性的犯罪には次のようなものがある。

まず、いちばん日常的にあるのが、性的な侮辱。これは交通機関だけでなく道やカフェやいたるところであるもので、女性が1人や数人でいるときに、男性が何か性的な言葉を投げかけるんだ。よくあるシチュエーションがナンパ目的で近づいた女性に断られた腹いせとして、性的な言葉で侮辱するというのがあるけど、女性が何もしていないのに、ただセクシーな洋服を着ているだけで、突然侮辱的な言葉をいうこともある。

次ページヨーロッパでは強姦被害が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。