日本人が「政治の話をしない」背景にあるもの

フランス人は所構わず政治の話をしている

フランス人は政治の議論が大好きです(写真:johnkellerman/iStock)
今月20日の自民党総裁選を前にして、日本でも政治の話題に関心が集まりつつありますが、それでも、友人同士がカフェで激論を交わすことはまれ。一方、フランス人は世界的にも政治論争が大好きなことで知られます。フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが、今回はフランス人がなぜ日常的に政治の話をするのかを語り合いました。そこから見えてくる日本とフランスの違いとは?

日本人の同僚とは政治の話が弾まない

エマニュエル : そういえば、フランスと日本での政治についての違いってまだ話してなかったよね。僕が日本で初めて働いたときに、日本人の同僚との昼食中、政治の話題を何も考えずにふってしまったことがあったんだ。

この連載の一覧はこちら

それは、こんな感じだったんだけど……。

僕「今の日本の政府の政策って、前政権のときよりもよくなったのか、それとも悪くなったのか、どう思う?」

同僚「……んー」

僕「……首相が代わったけど、今回の首相はどうだろうね?」

同僚「……」

僕「今の政府の経済政策って効果あるのかな?」

同僚「……ないんじゃない?」

それまでは普通に会話してたのに、なんか急に気まずい雰囲気になったんで驚いたんだよね。

くみ:うーん、確かに、なんか想像できる(笑)。

エマニュエル : この同じ質問をフランスで同僚にしたら、たぶんこんな感じになると思う。

僕「今のフランスの政府の政策って前政権時よりもよくなったのか、悪くなったのか、どう思う?」

同僚A「今の政府は増税することしか能がないよ。そのせいで企業が外国に逃げてしまってる。そもそもフランスは税率が高すぎなんだよ。30年以上続いている失業問題を終わらせるには、企業が採用と解雇をもっと柔軟にできるようにするべきだって、いつになったらわかるんだろうな。そもそもこんなの基礎だろうに、なんで政府はわからないんだろうね。成功してる国は、ほぼみんなこれをしてるというのに」

同僚B「そりゃ君みたいな右翼な自由主義者には金持ちから少しのお金をとるのは気に食わないだろうね。だからここ30年での貧富の不平等は広がるばかりじゃないか。何かを変えるために国民が政府に対して反逆するのを待てとでも言いたいのかい?」

次ページフランス人とバカンスに行ったら突然…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT