日本人が「政治の話をしない」背景にあるもの

フランス人は所構わず政治の話をしている

エマニュエル : でもフランス人は政治について話すことで、かなり多くの時間を失っているともいえる。たとえば経済に関する政治の話だと、議論に必要な知識を持っている人がそんなにいるわけでもないので、すごくつまらなくて非生産的な議論がダラダラと続いている、なんてこともけっこうあるんだ。しかも、異様に攻撃的に反論してくる人もいて、無駄な時間とエネルギーを使ったような気になることも。

日本だとこういうことはほぼないでしょう?

激論を交わしたフランス人同士がその後したこと

くみ:そうね。それぞれ、政治に対して何かしら思うところはあっても、友人とか職場の人と意見が違う可能性が高いテーマでもあるから、あえて話題に出さず、触れないという人も多いのかも。意見の違いを認め合って、それでもほかの部分は変わらず親しい関係でいられる、ということが日本では難しいのかもしれないなあ。

エマニュエル : まぁでも、いくら不毛な議論が多くて、時間を失っているといえども、政治の議論に対する執着は民主主義国家で生きるうえでは大切だとフランス人は思っているよ。少なくとも一人ひとりが社会について考えるいい機会にもなるし、独裁者が現れにくい社会にもなるしね。

日本人があまり政治の話題をしないのは、何か理由があるの? たとえば、ほかの人と違う意見を言うのをためらうとか。

くみ:「空気を読む」とか「あえて言わなくてもわかって当然」といった空気が重視されることも多い日本は、つまり同じ感覚を共有していることが前提だよね。だから、少しでも意見が違うと、互いに居心地が悪かったりする。そういう状況を避けるために、政治に限らず、よく知らない人同士だと余計に遠慮しあって、本心ではないのに付和雷同という現象が起こったりするのかもね。

さっき話した、激論を戦わせたフランス人の友人同士は、最後は興奮状態で意見の食い違いに対して互いににらみ合うような状態だったんだけど、それをずっと見守っていた周囲の1人が「よし、そろそろデバは終わりにしようか」と言うと、即座に「オーケー、ねえ、フィリップ、これからも友達でいてくれるね?」「もちろんだよ、ジュリアン!」と抱擁を交わしていた。

デバの最中は今にも取っ組み合いのけんかになりそうな勢いで、私はてっきり、彼らはこれで絶交でもするんじゃないかと思ったんだけど、その後本当に何事もなかったかのように仲良しで。とても印象的だったな。

エマニュエル : そうだね、そう考えるとこの違いはフランスと日本の根本的な社会の違いといえるかもね。またの機会にもっとこのテーマで話し合うのもいいかもね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT