ビジネスに応用できる「歴史のif」思考の本質

「ありえた未来」を描く歴史改変小説のヒント

人生でいくつも直面する分岐点。「歴史のif」は過去にも未来にもつながる思考だ(写真:baona/iStock)

もしも今の会社に入っていなかったら?もしもあの時、別の企画を通していたら? 「あの時こうしておけばよかった」といった思考は、後悔や自責の念といったネガティブなイメージを喚起しやすい。しかし、本当にそうだろうか。

このたび、私は「もしもあの時、~だったら」というifの思考に着目した『「もしもあの時」の社会学-歴史にifがあったなら』(筑摩選書)を上梓した。「ヒトラーが第二次世界大戦で勝利していたら……」といったifをモチーフとした歴史改変小説を紹介しながら、「歴史のif」の可能性を追究した本である。

「歴史のif」は単なる歴史の読み物ではなく、社会の問題を解決するさまざまなヒントを与えてくれる。「ポスト真実(post-truth)」とも呼ばれ、客観的な事実が軽視される傾向のある現代社会において、「歴史のif」思考はフェイクニュースに抗う強力な思考となりうるのではないか。

「もうひとつのUSA」はフェイクニュースか?

世の中には、架空世界を描いた歴史改変小説が数多く存在する。たとえば、フィリップ・K・ディックの歴史改変小説『高い城の男』(1962年)は、ヒトラーが第二次世界大戦で勝利する世界を描き、今も根強い人気を誇る。

ディックがモチーフとした「ナチスの勝利」は、歴史的な事実と照らし合わせてみると、実現可能性の低い「歴史のif」であったことがわかる。当時、アメリカが原子爆弾を開発していた以上、それを防ぐ手段をドイツは持ちえなかったからだ(ドイツが先に原子爆弾を開発していたらというifも考えられなくはないが、現実的とは言えない)。

こうした発想は、ウェブ上で拡散されるフェイクニュースの一種なのだろうか。フェイクニュースは、イギリスのEU離脱やアメリカのトランプ大統領誕生の際に有権者に大きな影響を与えたが、明確な根拠を持たないデマ情報だ。

「歴史のif」も現実に起きていない仮定を前提にしているので、フェイクニュースと同じ種類のものと思われるかもしれない。しかし、両者はまったくベクトルの異なるものだ。

次ページ複数存在する「真実」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。