「アテンザ」が静かに遂げた圧倒的進化の神髄

「間違いだらけのクルマ選び」今年のベスト3

中身の前に、まずやるなぁと思ったのは、デザインの“深化”だ。アテンザらしさを損なうことなく、より立体的な表情を描き出したフロントマスクはしっかりと新鮮味をアピールしている。全体のフォルムは当然変わっていないが、まだまだ古びた感じは皆無である。

2度目の全面変更でハイクオリティに洗練された「アテンザ」のダッシュボード(写真:マツダ)

インテリアのクオリティもグッと高まった。なんと6年間で2度目の全面変更となったダッシュボードはドアパネルから連続感のある繊細な造形で、クロームの入れ方もセンスがよい。アナログ感を残した精緻なグラフィックスのデジタルメーター、木目調ではなく本杢(ほんもく)を使ったトリムなどと相まって、上質な空間を作り出している。ヘッドアップディスプレイがウインドウ投影式になったのも、視認性だけでなくクラス感の演出という意味でポイントと言えるだろう。これまた新開発のシートに、ベンチレーション機能が用意されたのもうれしい。

これまでは正直、これがフラッグシップと言われてもイマイチ、ピンとこなかったアテンザ。しかしここにきて、ようやく内外装はそれにふさわしいものになったと言っていいのではないだろうか。

走りに関わる改良も多数、乗れば違いは歴然

アップデートされた走りも、そんな印象を裏切らない。変更点は、今あらためて「こんなに?」 というぐらい多く、例えば車体に関してはボディ剛性の向上、サスペンションジオメトリーの変更、新開発タイヤの採用、ステアリングマウントのリジッド化などが行われている。車体の基本骨格は変わっていないが、先述のスカイアクティブ・ビークルアーキテクチャーの開発で得た知見が、各所に活かされているという。またパワートレインも、2.5Lガソリンには気筒休止機構が付き、ディーゼルには急速多段燃焼技術が採用されるなど、用意される3種類のどれにも改良が加えられた。

走り出せば、もはや違いは明らか。しっとりとした手応えを得たステアリングフィールには、駐車場から走り出す瞬間から感動させられたほどだし、乗り心地も、これまでどうしても消えなかったコツコツ感がついに払拭されている。しなやかにストロークしながらも、高速域では目を見張るフラット感を示す乗り味、車体の大きさを忘れさせるような、すべてが手のうちにあると感じさせるコーナリングも、実にいい感じ。この走りっぷりには、上質という言葉を使っていい。

『2019年版 間違いだらけのクルマ選び』(草思社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

エンジンは、特にディーゼルの印象がよかった。従来の、特に発進時など低回転時における一瞬のもたつきが解消されて、スムーズに走り出すことができるようになったのだ。ガソリンは2.5Lに気筒休止を新たに採用しているが、乗っていてそれを意識させられることはなかった。もちろん、それはいい意味での話である。

後輪駆動化の話は今はまだ想像に過ぎないが、ともあれマツダが今後、もう少しプレミアムな領域で勝負していくという心づもりであるならば、アテンザの価値の引き上げがマストだったことは間違いない。いわゆるマイナーチェンジにもかかわらず、新型アテンザはそのタスクを見事にクリアしてみせた。これはなかなかできることではないはずだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT