「アテンザ」が静かに遂げた圧倒的進化の神髄

「間違いだらけのクルマ選び」今年のベスト3

フルモデルチェンジじゃないのに大変身。2位はアテンザ
高い完成度ながらもコストパフォーマンスがずば抜けてよいマツダの「アテンザ」が2位に(写真:マツダ)

続く2位はマツダ「アテンザ」だ。最新型の刷新ぶりは通常のマイナーチェンジの範疇を超えるもので、デザインも走りもがぜん深みを増した。何でもフルモデルチェンジすればいいわけではなく、優れた土台をベースに丹念に磨き上げれば、クルマはここまで進化するのかと改めて驚かされる好例だ。

完成度は相当なレベルにあるし、単によく出来ているというだけでなく、クルマとしての色艶も増している。これが300万円を切るところから購入できるなんて、とんでもないバーゲンである。颯爽とステアリングを握る、ちょっと身なりにこだわった同世代にでも出会ったら「いいチョイスしてるね」なんて声をかけたくなりそうな1台である。

日本市場を意識して造られたボルボV60が3位
デザイン改良と日本市場向けの価格設定で消費者を狙ったボルボ「V60」が3位(写真:ボルボ・カー・ジャパン)

3位までくると相当悩ましいが、結局今年は全部入れ替え、ボルボ「V60」を入れることにした。『2019年版間違いだらけのクルマ選び』本文でも記しているが、新型はボルボカージャパン曰(いわ)く日本の要望が通って、全幅を先代の10㎜減となる1850㎜に抑えながら、魅力あるデザインとパッケージングを実現してきた。走りも快活で、乗っていてすがすがしい気持ちになれる。

価格も、日本の国際競争力の低下や円安等々さまざまな理由でじわじわと輸入車の価格が上がってきている中、500万円未満からのスタートと、動力性能や先進安全装備の充実度などからすると相当リーズナブルと言える。私も選考委員を務める2018ー2019日本カー・オブ・ザ・イヤーでは「XC40」が10ベストカーに残ったが、どれだけ日本市場を重要視したかと考えれば、V60こそこの国で乗るべきボルボじゃないかと私は思うのだ。

以上がベスト3台。2~4位は最後まで、実は当初の開発責任者は日仏ハーフで外装デザインを手掛けたのは日本人デザイナー、エンジンも元はと言えば横浜の……と、実は面白いぐらいに日本にゆかりの深いアルピーヌA110を入れた3台で迷ったのだと、言い訳のように記しておこう。

2位に入ったアテンザはどのくらい良いのか?

もはや、2012年の登場以来、何度目の商品改良だったかわからなくなってしまった。それぐらいコツコツと手が入れられてきたアテンザは、またも大幅な刷新を受けた。マツダ内では、次期アテンザ用として後輪駆動のまったく新しいプラットフォームを開発しているというのがもっぱらのウワサだが、それが出てくるとしても、まだ何年かは先のこと。仮にそうならないとしても、マツダは新開発のスカイアクティブ・ビークルアーキテクチャーをフル採用した、おそらくは次期型アクセラを2019年にデビューさせると言っているから、そうなると当面、技術的には下剋上というか逆転現象が起きる可能性もある。

次のモデルが出るまでの間、ブランドのフラッグシップとしての威厳と、ふさわしい実力を誇示し続けるためには、このタイミングでのもう一段の進化が必要だったということだろう。

次ページフラッグシップらしいデザインへ”深化”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT