「地方移住」ですれ違った夫婦を救った時間

2人で開く月1回の「パイナップル会議」とは

岡野家の家訓
一、言葉は魂、言葉は心である
一、呼吸と身辺を整えよ
約束ごと
一、朝日を浴びて、深呼吸
一、おやすみ前のありがとう
一、週に1度のさく散歩
一、月に1度のパイナップル会議
一、年に1度のご褒美旅行 
額縁に飾られた家訓は春樹さんが書いたもの。現在は約束事がいくつか追加され、リニューアル準備中(写真:岡野さん提供)

家訓の1つ目は、歌人である春樹さんの祖父の教えだ。2つ目や約束事は夫婦2人で作ったもの。子どもが生まれ、日々の忙しさに翻弄されても、深く呼吸をし、心身や環境を整え、自然や楽しいことに触れ、相手への言葉に気をつけよう、という意味だ。そして月に1度はパイナップルなど新鮮な果物を食べながら話をしよう。遠回りに感じるかもしれないけれど、それらが「みずみずしい岡野家」を作っていくための指針になった。

2人が描く未来が異なっていたと気づく

パイナップル会議の内容は、1カ月の振り返り、モヤモヤしたこと、5年、10年先の家族の未来、お互いの夢についてなどさまざまだ。まずそれぞれがノートに書いて、それをシェアしてじっくり聞き合うという時間を取っている。岐阜への移住話は、春樹さんから会議に挙げられた。

新鮮なフルーツを囲んでするパイナップル会議。行き詰まったら甘い果物を食べて気分を変える(写真:岡野さん提供)

「東京に住んでいた時、そろそろ家を買おうかという話題が出た時があったんです。2人目が生まれて、ママ友たちはみんな家を買うとか、車を買うとかいう話をしていて、私も焦っていたところがあって。『仕事に復帰するなら二世帯住宅がいいかな』などと考えていました。でも、夫は岐阜への移住を考えているという話になり、最初は考えが合わないところもありました」(早登美さん)

東京で家を買い安定していくことと、岐阜への期間限定の移住をすること。並べるとまったく異なる未来への道が並んでいる。そこで2人は、家訓どおり心身を整え、もう一度きちんと話し合った。

「プールで泳いだ後に話をするとか、ひと呼吸おいて環境を整えてから、根っこのところで自分たちはどうありたいかを確認し合いました。子どもが生まれたからすぐ家を買うということでなく、僕らが目指す根っこにある気持ちがいい暮らしをするために、エネルギーがいい郡上という場所に行って、試してみるのもいいんじゃないかなぁという話になったんです」(春樹さん)

次ページところが移住後、仲良し夫婦に問題が発生!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。