NASAのロボット火星着陸船が担う重大使命

ドリルで掘削して火星の内部を探査

ロボット着陸船「インサイト」(写真:REUTERS/Gene Blevins)

[ロサンゼルス (ロイター)] - 火星の地中深部探査用に設計されたNASA最初のロボット着陸船「インサイト」が6カ月の宇宙旅行後、11月26日に火星に着陸する予定だ。

地球から3億100万マイル (5億4800万キロ) を旅した火星探査宇宙船インサイトはアメリカ東部標準時午後3時ごろ (グリニッジ標準時午後8時) に目的地火星の埃っぽく岩だらけの地表に到達する予定である。

火星の地表にゆったりと着陸

すべて予定通りに進めば、インサイトは火星のピンク色の空に時速1万2000マイル (時速1万9310キロ) で突入する。地表まで77マイル下降する間に大気摩擦、巨大パラシュート、逆噴射によってその速度はゆっくりになっていく。6分半後に着陸するときの速度はたった時速5マイル (時速8キロ) になっているはずだ。

5月に打ち上げられた

5月にカリフォルニアから打ち上げられたこの静止型探査機は16分間、文字通りじっとして着陸地点周囲のちりが収まるのを待ち、それから電力供給のため円盤型の太陽電池を開く。

ロサンゼルス近郊のNASAジェット推進研究所 (JPL) のミッションコントロールチームは、探査機が無事到着した様子をインサイトと共に打ち上げられ火星をかすめて飛ぶ小型衛星からの電子情報によりリアルタイムで確認しようとしている。

JPLのコントロールチームはまた、エリシウム平原と呼ばれる火星の赤道近くの平坦でなだらかな平原における探査機周囲の様子の写真を受信することも期待している。

次ページキュリオシティより小型
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。