「地球外生命体」を探す日本の研究機関の正体

氷の衛星「エンケラドゥス」が「アツい」理由

光がまったく届かない海の底でも、エネルギー源があれば生態系は存続できる。ということは…(写真:SHIN ASAW a.k.a. ASSAwSSIN)

地球以外の天体に生命は存在するのか? あるいは地球上で最初の生物はいかにして誕生したのか? 種の起源をめぐる長い論争は、土星の第2衛星エンケラドゥスをきっかけに新たな局面へと突入した。しかも、この分野で重要な成果をあげているのが日本の研究機関、それも深海のエキスパートたるJAMSTEC(国立研究開発法人 海洋研究開発機構)。全世界の研究者たちが、港町・横須賀に熱い視線を注いでいる。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

欧米では、一般人さえ「エンケラドゥスで水素がみつかったらしいね」「次の探査機が火星に着陸したそうだけど」といった会話をするという。最大の関心事は「地球外生命が見つかるかどうか」で、もはやアストロバイオロジー(宇宙生物学)は大人のたしなみ――。

そこまで言われてしまうと大袈裟に感じるが、実はわが国の研究機関が重要な役割を担っている。「JAMSTECモデル」と呼ばれる仮説が高い評価を受けていることは、同じ日本人として知っておくべきだろう。

海の底で見つけた「生命のオアシス」

生命の起源を探すという難題に対し、JAMSTECが颯爽と躍り出たのは、2002年のインド洋における深海調査がきっかけだった。水深2450mの海底、それも地中から360℃という超高温の熱水が吹き出す「海底熱水噴出孔」において、地球最古の生態系と目される微生物の集まり、いわゆる「ハイパースライム」の採取に成功したのである。

JAMSTECの本拠地・横須賀本部は、毎年5月頃に1日限りの一般公開をおこなう。数千人が来場する人気イベントで、今年は支援母船「よこすか」の船内見学で盛り上がった(写真:SHIN ASAW a.k.a. ASSAwSSIN)
次ページパーツ単位で1000気圧に耐える構造
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。