生命進化の歴史は地球の環境から読み解ける

生物はどのように誕生したのか

生命はどのように誕生したのか(写真:teddycookswell / PIXTA)

生命がどのようにして誕生し、進化してきたのか。だれもが興味をいだくテーマだ。完全にわかるということはありえない。しかし、あたらしい技術が開発され、あらたな発見がなされ、次第に議論が収斂してきている。

全地球凍結=スノーボールアース仮説の提唱者である地質生物学者で著者ジョセフ・カーシュヴィンクと古生物学者ピーター・ウォードによるこの本『生物はなぜ誕生したのか: 生命の起源と進化の最新科学』は、最新データを網羅してまとめあげられた最高の一冊だ。

生命の誕生と進化を、3つの視点から描く

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

原題は A New History of Life。生命の “新しい” 歴史として、3つの視点から生命の誕生と進化が描かれていく。その3つとは「環境の激変」、「単純な三種類の気体分子(酸素、二酸化炭素、硫化水素)」、「生物自体ではなく生態系の進化」。生物そのものよりも、その環境から生命の歴史が読み解かれていく。

我々の考え方というのは基本的に保守的だ。だから、現在認められるプロセスが過去にも当てはまる、とする「斉一説」を好むようにできている。しかし、その先入観は木っ端みじんに吹き飛ばされる。大進化は、信じられないような出来事、それもカタストロフィーと言っていいようなとんでもない大惨事、によってもたらされたという「天変地異説」が正しいのだ。

次ページこれまでに、二度の全球凍結を経験している地球
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT