「地球外生命体」を探す日本の研究機関の正体

氷の衛星「エンケラドゥス」が「アツい」理由

ハイパースライムの採取に成功し、JAMSTECの名を世界に知らしめた有人潜水調査船「しんかい6500」。1990年の就航以来、搭乗者の感覚を活かし、数多くの成果を挙げ、地球物理学や生物学の進展に貢献してきた(写真:SHIN ASAW a.k.a. ASSAwSSIN)
有人では危険な水深1万mクラスで力を発揮する海中ロボットの「かいこう」。ランチャー(左)とビークル(右)が上下に合体した状態で海に降ろされ、途中で分離する(写真:SHIN ASAW a.k.a. ASSAwSSIN)
「かいこう」のビークル。ケーブルやバルブが剥き出しだが、パーツ単位で1000気圧に耐える構造を持つ(写真:SHIN ASAW a.k.a. ASSAwSSIN)

その後、2009年頃からは海底熱水噴出孔の電気化学反応に着目。それがいわば天然の発電所であり、しかも生命活動に酷似したメカニズムを備えていることを、JAMSTECの山本正浩研究員らが世界に先駆けて明らかにした。いわば、生命のオアシスだ。

生命の起源を深海に求める「JAMSTECモデル」

「電気化学進化を提唱した私たちのグループは、この分野で独走状態にあります」

次ページ研究者たちにも大きなインパクト
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。