土星の衛星に生命体が存在する可能性が上昇

研究グループが大きな有機分子の断片を確認

カッシーニが撮影した土星の画像(写真:NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute/Handout via REUTERS)

[ベルリン (ロイター)] - 複雑な有機分子が土星の衛星の一つであるエンケラドゥスから発生しているのが発見され、エンケラドゥスに生命が存在する可能性がさらに高まった。研究グループが6月27日に発表した。

探査船「カッシーニ」はまず2005年に、データ収集ミッションの一貫として、この氷に覆われた衛星の近くを飛行した。データは今後数年間にわたり分析される。

大きな有機分子の断片を確認

ドイツのハイデルベルク大学のフランク・ポストベルクとノザイル・カワジャが率いるチームは、この衛星の氷に覆われた表面部の間欠泉から噴出した氷の粒子の中から、大きな有機分子の断片を確認したと発表した。

チームの発見はネイチャー誌に掲載された。

「地球外の水の星に由来する複雑な有機物が発見されたのは初めてのことだ」とのポストベルクの発言が、欧州宇宙機関のウェブサイト上の声明文に引用されている。

このエンケラドゥスに関する発見は、地球の隣の惑星である火星に生命が暮らしていたという最も強力な証拠の一部となる、火星表面の有機化合物と大気中のメタンの季節変動とを示す今月初めのデータに続くものだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT