元グノシーの「DMM新CTO」松本勇気が抱く夢

コードで定義される世界の先頭を走りたい

これからの時代に求められるエンジニア像とは(写真:竹井俊晴)
「AIに仕事が奪われる」という意見が目立つ昨今。テクノロジーを扱う側のエンジニアであっても、「仕様書通りに開発する」だけでは生き残れない時代に差し掛かっています。そこで本特集では、注目企業のCTOが考える「この先、エンジニアに求められるもの」を紹介。エンジニアが、未来を生き抜くヒントをお届けします!

2018年10月11日、グノシー元CTOの松本勇気さんが合同会社DMM.comの新CTOに就任。同社のCEO、片桐孝憲さんからは初対面の印象を「宇宙人」と称され、「自分にもよく分からないような新しい未来の話をしてきた」「彼のようにエンジニアとして具体的にビジネスの話ができる人はなかなかいない」と言わしめた。

今後の活躍に大きな期待が寄せられる新CTOに、仕事をする上で貫くポリシーを聞いてみると、これからの時代に求められるエンジニア像が見えてきた。

「スタートアップより面白いことができる」と感じた

松本さんがDMMにジョインすることになったのは、前CTOの城倉和孝さんから声を掛けられたことがきっかけだ。2017年末に開催されたIVSの『CTO Night』で出会い、それから交流を続けている中で、CTOポジションでDMMにジョインすることを決意した。同社の売り上げは2000億円以上、40以上の事業を展開し、企業買収のノウハウも豊富。新しい事業を生み出しやすい環境が、入社の決め手となった。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

「もう一つ、僕がこの会社で働きたいと思った理由に『意思決定のスピード』があります。DMMは上場を選択していないので、ステイクホルダーは亀山さん一人だけ。

合理的な提案ができれば、短期・長期どちらのプロジェクトもすぐにスタートできる環境です。莫大なリソースと、スピーディーな意思決定、この2つを組み合わせれば、スタートアップよりずっと面白いことができるはずだと思いました」

同社は現在、技術思考の会社へと組織全体を改革し、さらなる成長を目指している。これをテクノロジーの側面から加速させ、DMMを真のテックカンパニーへと導くのが松本さんのミッションだ。

「社内に蓄積された技術的な負債や組織的な問題を根本から解消していこうと考え、この10月に『DMMテックビジョン』を立案し、社内で発表しました。簡単に言うと、社内のベストプラクティスを集め、それを『当たり前』に続けていける環境をつくろうという試みです」

次ページ会社経営もエンジニアリングの1つだ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?