「東大合格者」が使っていた参考書の共通点

受かる人はどうやって参考書を選ぶのか

複数の参考書を浅く覚えるより、「いちばん売れている」参考書1冊を徹底的に覚えるほうが試験に強い理由とは?(イラスト:梓川ななぎ)

TOEICなどの語学試験や、司法試験・行政書士や会計士などの資格試験。キャリアアップを目指し、多くのビジネスパーソンが日々勉強に励んでいます。現在、私は資格試験対策のオンラインスクールや、対面での個別指導塾を運営していますが、生徒さんの悩みで最も多いのが「暗記作業がつらい」というもの。

社会人になると、学生時代のように十分な勉強時間は確保できません。しかし、試験日は容赦なくやってきます。「今回は忙しくて勉強できなかったから、また次回」と、あきらめグセがついている人も多いのではないでしょうか?

拙著『超高速暗記術~資格試験に忙しくても一発合格!』では、日々多忙なビジネスパーソンが、資格試験に「一発合格」するためのさまざまな「時短暗記テクニック」を紹介しています。今回はその中から頭のいい人が、どのようにして「参考書」を選んでいるのか解説します。

参考書を買いあさって読むも試験の結果は…

さて、舞台はとあるカフェ。資格試験勉強中の坂巻陽菜が、その先輩である神田桜子に試験対策のアドバイスを聞きに行きました。

せっせと、たくさんの参考書を買い込んでから資格試験に臨んだ陽菜ですが、結果は不合格。落ち込む陽菜に対して、桜子は勉強法を見直したらどうかとアドバイスします。

そして、「わたし今度TOEIC800点を狙おうと思ってるんだ。あんたも同じスコア目指してみない……?」と持ちかけます。そして、陽菜の勉強が始まるのですが……。

次ページ早速勉強を始める陽菜だが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。