オリジナル品種は920、新種誕生まで10年超

「サカタのタネ」最大の研究センターに行ってみた

画像を拡大
東京ドーム7つ分の敷地に広がる農場とハウス群

新品種を生み出すのが、国内5カ所、海外9カ所に展開する研究所だ。そのうち最大の研究開発基地が、静岡県にある掛川総合研究センター。東京ドームが7つ入る広さ32ヘクタールの敷地に農場や栽培用のハウスを設けている。建物が占める面積は、そのうち12ヘクタールで、農場の方が圧倒的に広い。行き交う研究所員も白衣ではなくて作業着を着て長靴を履く。広大な敷地を自転車で移動。作業用の軽トラックやトラクターも走り、まさに畑のど真ん中、といった雰囲気だ。

病気に強い品種を作ることが第1の目標

掛川総合研究センターの古木利彦場長に話を聞いた。

「サカタのタネの育種の目的は、まず病気に強い品種を作ることにあります。生産者が儲かる種を作らなければなりません。良い野菜や花がたくさんとれるもの。病気に強いことは、作りやすいことであり、病気を防ぐための農薬も減らせる。コストダウンになるし、農作業の効率も上がります。いわば生産者、農家のための育種です」。

画像を拡大
ニンジン特有の臭みがなくカロテンも多く含むベータキャロット

「近年は、販売する流通業者のための育種が加わりました。店頭で傷みにくい店(たな)持ちのよさや、輸送の際の荷傷みが少ない良い性質を持った品種です。さらに最終的に買っていただく消費者のための育種も加わりました。メロンだけでなく、トマト、ニンジン、キャベツなどもよりおいしくて、機能性成分の高いもの、健康に良いものが求められています」という。

取り組みの結果として、例えば王様トマトは、抗酸化物質のリコピンや、うま味成分のグルタミン酸を多く含むもの。ニンジンのベータキャロットは、ニンジン特有の臭みがなく、子どもでも食べやすく、さらに抗酸化物質カロテンを多く含んでいるという。

次ページ開発にかかる年月
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。